ライフキネティック

ライフキネティック日本支部サイトリンク

国立市/サッカースクール
松戸市/ライフキネティック教室
上記2会場でライフキネティックを取り入れたトレーニングを提供!

ドイツのプロリーグを2連覇したクロップ監督が、いち早くライフキネティックをサッカーに取り入れたことでも世界的に有名です。

クロップ監督は動画のインタビューでこのように話しています。

「状況を速く把握することの方が速く走ることよりも重要です!」

過去のドイツ代表選手もライフキネティックを取り入れていました。

クロップ監督が動画の中で伝えているように、サッカーは単に足が速いだけで有利になれる単純なスポーツではないということを証明しています。

ライフキネティックサッカースクールでは、フィジカルの弱い選手や足の遅い選手でも高いレベルで通用する技能習得のアドバスおよびトレーニングを提供をしています。

効果は人によって様々ですが、早い選手で約1カ月後、遅い選手でも約3か月後には必ずライフキネティックの効果があらわれます。

日本支部の公式サイトでも紹介されておりますが、下記のクラブでも既にライフキネティックが取り入れられいます。

・ジェフユナイテッド市原・千葉
・千葉大分トリニータ(J1昇格)
・愛媛FC
・京都サンガF.C.
・MAKOTO HASEBE SPORTS CLUB
(長谷部誠選手が運営するサッカースクール)
・長友フィールド
(長友佑都選手が運営するスクール)
・クーバー・コーチング・ジャパン
・キタジサッカースクール
(元日本代表の北嶋秀朗氏が運営するサッカースクール)
・藤枝順心SC