サッカーの上手い選手を見ることの重要性


サッカーの試合で必死にボールをキープする選手

今回は、「サッカーの上手い選手を見る」ことの重要性についてお伝えしていきます。

 

私も10年以上前から、サッカーが上手い世界トップレベルの選手をずっと見てきました。

 

そうすることで、今まで見えなかったり、感じられなかったりした部分が、少しずつ見えたり、感じられたりするようになってきました。

 

ですから、この記事では「上手い選手を見ることの重要性」を様々な観点からお伝えしようと思います。

 

サッカーにおいて見るとは?


左目をズームアップした画像

まず、サッカーにおいて「見る」という行動ですが、古いブログ(ココログ)の方でもお伝えしましたが、見る対象物によって脳の領域や分野が違います。

 

つまり、ボールや味方選手や敵選手の動き、それからゴールなども見る対象物に含まれます。そして、そういった「見る」という行動を研究している研究者がいます。

 

たぶん私も含めた皆さんも「見る」という行動が、全て脳の同じ領域や分野で判断していると思っていたはずです。

 

しかし、その研究者の話によると、どうやら対象物によって脳で判断している領域や分野は違うようなのです。

 

なぜ違うのかは研究者にも分かりません。

 

ですが、脳の断面図を撮影する機器に入った状態で様々なモノを見てデータを取っていると、上記のようなことが分かってきたそうです。

 

また、私たちが「何かを見間違える」というシステムも少しずつ解明されてきています。

 

こうしたことを踏まえた上で、サッカーにおける見るという行動の中で、もしかするとプレーしている選手は「対象物を見間違えている」という可能性が高くなってきました。

 

サッカーでは相手の身体も見ている


サッカーで見られる様々なフォームのイラスト

サッカーでは、ボールやゴール以外にも見ているものがあります。

 

それが今回お伝えしたい内容です。

 

何を見ているかというと、「相手の身体」です。

これは見たくないと思っていても勝手に視野に入ってきますよね。でもボールやゴールを見る時とは違う脳の領域と分野を使っています。

 

ですから、「サッカーの上手い選手の身体を見る」ことはとても重要です。

 

私は10年以上、世界トップレベルの選手たちの身体の動きを動画で見続けてきました。そうすることで、今まで感じられなかった感覚を得ることができるようになりました。

 

つまり、サッカーの上手い選手のプレーを見てきたことで、ボールやゴールを見る脳の領域や分野とは違う部分が発達したのではないか?

 

そしてこれを上手く利用すれば、ライフキネティックの理論でサッカーの「見る」という行動を分野別に鍛えることができるのではないか?

 

私は現在このように推測しています。

 

サッカーの上手い選手を見れば分かってくる


金色の背景でメッシがドリブルしている画像

私は30歳の頃、まだ現役として社会人クラブでサッカーをしていました。

 

その時に、クラブの中にかなりサッカーの上手い選手がおり、私は練習のある日にその選手の動きをずっと観察していたことがあります。

 

そして、その選手の動きを見つつ、世界トップレベルの選手たちの動画を見ていたところ、「ある共通する動き」というのが少しずつ見えてきました。

 

つまり、しっかりと見るべき部分を見て、よく観察しながらサッカーの上手い選手を見ればその共通する部分が分かってくるということです。

 

そしてライフキネティック理論を使って「常に新しい課題」を選手たちに与えられれば、選手たちの「身体を見る脳の領域や分野を発達させること」ができるはずです。

 

今後それらを考慮に入れて、独自のエクササイズを作成していく予定です。

 

明日も国立市でライフキネティックサッカースクールがあるので、色々と試行錯誤しながら選手たちにエクササイズを提供してみようと思います!

 

国立市近隣の方で、ライフキネティックサッカースクールに興味がある方は、下記のお問い合わせから是非ご連絡ください♪

 

この記事が「いいね!」と感じたら下記のボタンをクリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング