サッカーは実戦重視!東京国立/立川/国分寺/府中

身体の大きさが違うサッカー少年が横1列に並んでいる風景
Pocket

 

東京国立(立川・国分寺・府中)で現在活動しているライフキネティック・サッカースクールですが、新たな試みとして「試合形式の実戦を重視するサッカースクール」を目指すことにしました。

 

たぶん多くのサッカースクールでは、指導するコーチが「選手たちの公式戦など」を実際には見ておらず、その中で選手たちにサッカーの技能を指導していると思います。

 

ですが、このような形式では選手たちの実際のプレーで「どこに強みがあって、どこに弱みがあるのか?」が分かりません。

 

例えば、そのサッカースクールで技能の優劣に差がある選手が入り混じってミニゲームをするとしましょう。しかし、このプレッシャーの少ないミニゲームで、選手たちが本来持つ「強みや弱み」が見えるのかが私としては疑問に感じます。

 

当スクールでは、今後ムービレッスンを活用したサッカースクールを運営していくわけですが、これを利用することによって、選手たちのプライベートである公式戦といった実戦形式の試合を私が見ることで、ライフキネティックの観点から選手たちの技能の優劣などを判断することができるようになります。

 

既に、この指導方法を活用されている方もスクールの中におり、それによって高い成果をあげている親子が存在します。

 

毎週行っている実戦形式の試合をコーチにチェックしてもらい、第三者による目線で、現在本人が持つ技能のどの部分に利点や欠点があるのかを知ることは、親子にとってすごく重要だと思います。

 

家庭やスクールで行うトレーニングは、基本的に実戦形式とはかけ離れたドリルトレーニングになるわけですから、どのくらい実戦形式の試合で学習した技能を出せているのかを確認してもらう作業は必須なはずです。

 

しかし、現在の日本国内のサッカースクールで上記のような指導をしているサッカースクールは無いに等しいと思います。

 

私は基本的にクラブやチームを持つことはしません。そのため、選手たちの日頃のプレーというものが分かりません。その為、私にとって気軽にスマホ等で撮影できるムービレッスン(スマートコーチ)という機能は画期的なシステムだと感じます。

 

前回のスクールで、ボールを止めて蹴るという一連のトレーニングを行ってはみたけれど、休日に行った試合では全くそれが出せていなかった…

 

これではスクールを利用している意味がありませんよね。

 

ですから私は、日本国内でまだ確立されていないムービレッスンを取り入れたサッカースクールを東京国立で開催しているライフキネティック・サッカースクールで確立させたいと考えています。

 

①実戦形式の試合で何が見える?

背後にサッカー選手がいて、サッカーボールをズームアップしている画像

では、「実戦形式の試合から選手たちの何が見えるのか?」についてお伝えしたいと思います。

 

まず私が見るのは、実戦形式の試合で「どれくらいの強度のプレッシャー」で、本人が「技能を出せているのか?」または「技能を出せてないのか?」を見ます。

 

例えば、対戦する相手チームが自分のチームよりも格下のレベルであれば、当然プレッシャーは弱くなります。逆に対戦する相手チームがJクラブの下部組織あたりになってくると、プレッシャーは強く激しいものになります。

 

先ほどお伝えしたように、サッカースクールには「能力差のある選手」が入り混じって、複数で活動するグループ指導を受けます。

 

したがって、こうした環境でミニゲームをして上手く技能が出せたとしても、残念ながら「実戦形式の試合」と比較することはできません。

 

私は以前から、スクールに通ってくる選手たちの実戦形式の試合を一度でも良いから見たいなと思っていた時期があり、ムービレッスンを導入したことで「そうした悩み」が無くなりつつあります。

 

ですので、このムービレッスン(スマートコーチというアプリ)は、私にとって現在の時代にマッチしている画期的なシステムだと考えられます。

 

ちなみに、昨年までマンチェスターユナイテッドを指揮していたモウリーニョも、自身のトレーニングでは「より実戦形式の試合を意識させる」と言っています。

 

そこで当時ポルトを指揮してた彼がしたことは、「よりプレッシャーの強度を高くする為に、コートを狭くしてミニゲーム等を行った」そうです。

 

これによって、「選手たちの脳に、実戦形式の試合と同じレベルの疲労を与えることができる」と著書の中でインタビューにも答えています。

 

こうしたモウリーニョの発した言葉からも分かるように、やはり「実戦形式の試合が一番!」と言えますよね。

 

②実戦形式の試合を見てもらったら?

サッカーのトレーニングに励む3人の少年たち

では、「本人の実戦形式の試合を見てもらった後に、どのようにすれば良いのか?」をお伝えしていきます。

 

まずは、その実戦形式の試合であらわれた課題を「本人が今後どのようにするか?」から始まります。

 

当初のモニターにもなったガンバ大阪ジュニアユースの選手は、私の動画チェックによって、その試合で「足りなかった技能(今後の課題)」と「学習した技能が出せているか?」を私が随時確認していました。

 

しかもJクラブという高いレベルの環境で、トレーニングで学習した技能を出せるかどうかのモニターをしていただいていたこともあり、かなり高い強度のプレッシャーでプレーをしていました。

 

その為、毎回その本人の親御さんが送ってくる試合動画は、私にとっても非常に参考になりましたし、伝えている技能の習得状況もハッキリと伝わってきました。

 

こうした地道な活動によって、僅か2回(年1回)の直接指導だけで、Jクラブ2軍から1軍に昇格し、更に世界大会のメンバーや最後の大会でレギュラーとして出場すること(実はユース昇格も得られた)ができたのだと思います。

 

ちなみに、根本的にコーディネーションを改善する為に本人が取り組んだ活動は、ブログでもお伝えしている「LSD」が一番の決め手でした。

 

これを通学や下校等をする際に、毎日行ったそうです。

 

私はこれを「何もやらずに上達することは諦める」と言っています。私自身も「ただ本を読むだけ…」「ただ動画を見るだけ…」という活動だけでは、絶対にサッカーは上手くなれないと諦めました。

 

そして、ある日決心をして「その為の活動をするしかない!」と行動に移しました。

 

彼も全く同じ志だったはずです。そして彼は、こうした活動で得られた経験から、現在は経営者としてメディアに取り上げられるような人物にまで成長することができています。

 

これはある意味、サッカーで経験したノウハウが活かされた瞬間だと思います。

 

このように、育成年代で培われたワーキングメモリー(作業記憶)が、「他の分野において学習転移を起こす可能性が高くなる」ということが論文などでも発表されています。

 

あとは皆さんが、「こうした事実をどのように受け入れるか?」だけだと思います。

 

 

いかがだってでしょうか?

 

今回は、サッカーの実戦形式の試合から得られるものを様々な形でお伝えしました。

 

皆さんも是非、こうした実戦形式の試合を重視した活動を心がけてみてください♪

 

Pocket