サッカーにおける学習転移とワーキングメモリー


黒い拝啓に紫色の脳の画像

今回は、サッカーにおける学習転移とワーキングメモリーについてお伝えしていきます。

これからお伝えする内容は、様々な研究機関で調べられた事実です。

よって私の推測ではありませんので、その点を理解した上で読み進めていってください。

ただし、一部、私の推測も入りますが...

良く耳にする言葉として、ある学習を習得する為には1万時間必要だと言われておりますが、実はこの1万時間という法則が崩れ去ろうとしています。

そこで今回は、ではある学習を習得する為に何が必要なのかを私が知っている範囲でお伝えしていきいます。

その前に、学習転移について理解しておくことが重要です。

学習転移とは


学習机の上にパソコンやテキスト、ノート、鉛筆等がひろがっている画像

 

学習転移について調べてみました。

以下、コトバンクからの引用です。

 


ある行動についての学習が、その後の異なる学習に対しても影響を及ぼすこと。

例えば、ピアノを学んだことのある人が、学んだことのない人に比べ、その他の楽器も容易に習得できるなどといった現象をいう。

学習転移には、先行する学習Aがその後の学習Bを促進するという“正の転移”と、その逆に妨害となる“負の転移”とがある。

それぞれの学習の間に同一の要素が多いか、類似性が高いほど転移の程度は高くなる。そして学習の結果としてあらわれる反応が類似している場合は正の転移に、相反する場合は負の転移につながるとされる。


 

つまり、これまで学習してきた、または現在学習していることが、これから学習していく内容との間に類似性があれば、「正の転移」として学習が促進するという内容です。

 

例えば、サッカーならばイブラヒモビッチがテコンドー(しかも黒帯?)をしていたというのは有名な話ですよね。それによって、彼の得点シーンにはかなり独特な身体の使い方が動画などでも見ることができます。

 

他にも、元アルゼンチン代表選手だったバティストゥータは、9歳までバスケットボールに興味を持っていたそうで、その頃に有名サッカー選手のプレーを見て、サッカーを始めることになったと言われています。

 

日本においては、サッカー女子日本代表選手の中に、他競技から引き抜かれた方が結構いらっしゃいますし、女子スピードスケートの高木美帆選手においては、サッカーの北海道選抜メンバーとしてナショナルトレセン女子U-15合宿にも参加した経歴を持っています。

 

このように、他競技から他競技に移っても、その優れた能力を発揮することができるケースが幾つか事例があります。

 

それから語学であれば、英会話を習得すれば多国語を習得できる可能性が非常に高くなりますよね。やはり英会話との類似性があるからこそ、正の転移が起こって多国語をマスターできているのだと思われます。

 

そして、この学習転移を理解した上で、次に重要なのが「ワーキングメモリー」です。

 

ワーキングメモリーとは


USBメモリやSDカードメモリの画像

 

こちらも調べてみました。

以下、コトバンクからの引用です。

 


人間の記憶には,問題解決に関する情報を保持する長期記憶(プロダクションメモリー)と,外界から得られた情報を一時的に保持する短期記憶(ワーキングメモリー,作業記憶)がある。

そして,短期記憶で認知された情報が長期記憶中の知識と照合されて行動につながり,この繰り返しで問題解決が進行する。


 

つまり、短期記憶の情報と長期記憶の中にある情報と照合していくことで、学習における問題解決が進むということになります。

 

ですから、ワーキングメモリーおよび作業記憶の部分を高機能にしていければ、ある学習を短期間で習得することが可能になるかもしれないと言われています。

 

ただし、先ほどお伝えした1万時間の法則は、ゲームやスポーツや音楽で約20%左右するという研究があり、専門職に限っては、どうやら1%しか影響を与えないという研究が出ています。

 

ですので、1万時間の法則を完全に否定するわけではありませんし、逆に専門職においては1%しかその影響を受けないということを知っておく必要があります。

 

また、学習の中で大切なのは、その学習を始めた年齢も関係してくるそうです。これは、いわゆる幼児英才教育の分野になりますね。

 

こうしたことを踏まえた上で、これまでの話をまとめると...

 

 

1.ある学習を効率的に習得する為には、ワーキングメモリー(作業記憶)が重要。

2.学んだ学習を次に活かす(学習転移させる)為には、その学習に類似性が必要。

3.1万時間の法則(スポーツ等)は、約20%程度の影響しか与えない。

 

このようになります。

 

こうしたことから、一番大切なのはやはりワーキングメモリー(作業記憶)ですよね。

 

例をあげるならば、10ピース程度のパズルであれば小さな作業台で十分パズルを組み立てることができますが、1000ピースといった膨大な量のパズルとなると、小さな作業台だけではパズルを完成させることができません。

 

つまり、脳の中にあるワーキングメモリーという作業台を大きくしていく為の取り組みや活動が必要となります。

 

サッカーにおけるワーキングメモリー(短期記憶)を向上させる取り組み


座る子供たちを立って指導するサッカーのコーチ

私が現在、国立市で毎週開催しているライフキネティック・サッカースクールでは、このワーキングメモリーを向上させる取り組みをしています。

ワーキングメモリーは短期記憶の部分なので、次々と選手たちに新しい課題を与えて、短期記憶の部分を向上させる為のエクササイズを提供しています。

当然、サッカーを上達させることを目的に行っているので、手や足でサッカーボールや様々な道具を扱いながら、短期記憶を向上させる為のエクササイズを行います。

既に何度もこのブログに訪れて、ライフキネティックを理解している方ならば、1万時間の法則(単純なルーチン化した作業)よりも、次々と新しい課題を与えて脳を活性化させる手法がより効果的だということを理解しているはずです。

もし初めてこの記事をお読みになった方は、ライフキネティックの特性を他記事を読むなどして理解を深めてみてください。

サッカーでワーキングメモリーを向上さる為にはコツがある

当然のことですが、ただ闇雲にワーキングメモリーを向上させる為だけのトレーニングやエクササイズをしているわけではありません。

 

どの部分を短期で記憶させて、更に長期記憶と結び付けていくのか?

 

ここが非常に大きな課題となっています。

 

私自身、まだライフキネティックのパーソナルトレーナーとして1年半ほどしか活動していませんし、サッカーにおいては今回が初めての試みになります。

 

以前、国家資格を有する福祉士として認知行動療法の仕事に携わったことがあったので(そうした専門知識があるからこそ)、今の活動が実現できているのだと思います。

 

ですから、ライフキネティックのパーソナルトレーナーと言っても千差万別です。

 

今までサッカーしかされてこなかった指導者もいるでしょうし、サッカーには関わらずに医療機関や福祉施設、その他スポーツ関係という方も当然おられます。

 

そうしたトレーナーの中で私は、幼い頃からサッカーを学び、本場ドイツやオランダでもサッカーの指導を受け、更に脳に関する知識を本業として携わったという経歴を持ち合わせています。

 

ですから、他のライフキネティック・パーソナルトレーナーとは少し違った視点でお話をさせていただいております。

 

話が少し反れてしまったので戻します。

 

こうした様々な研究機関で出されたデータなどから、より効果的なサッカーのトレーニングを構築していくのが私の役目であり、これから国立市にライフキネティックを普及させていく私の使命でもあります。

 

さて、学習転移の話に戻しますが、私の場合はたぶんワーキングメモリー(短期記憶)が他の方よりも優れているのではないかと自分なりに感じています。

 

といっても、その短期記憶が数字とか方程式とか年号を覚えるような記憶ではありません。

 

私が優れているのは、前の記事でもお伝えした「ボディーパーツ」の分野です。

 

私には、世界トップレベルの選手の身体の動きを見て、それをすぐに自分で表現することができるという能力が備わっています。そして、そうした部分を他者が理解しやすいように説明または解説できるという能力も持っています。

 

もしワーキングメモリーだけで世界トップレベルの選手になれるのであれば、とうの昔に私はなっているはずです。それができない実現していないのは、やはり個々のスキルや能力で足りない部分があったからだと思います。

 

もし、もっと幼い頃からサッカーを学び、ライフキネティック運動プログラムで様々な能力を向上させることができていたら...世界トップレベルの選手になることができていたかもしれません。

 

こればかりは過去の話になるので、あくまでも憶測です。

 

話は変わりますが、誰もが将来プロのサッカー選手になるわけではありませんよね。

 

だからこそ、サッカーをしながら専門職、または他の学習に繋がる学習転移が起こるような取り組みが、幼い年代には必要なのではないでしょうか。

 

では、ここでフランスのアカデミーの課題について触れておきます。

以下、Wikipediaからの引用です。

 


フランス代表のW杯初優勝で、INF(クレールフォンテーヌこくりつサッカーようせいじょ、現CENTRE NATIONAL DU FOOTBALL、旧Le Centre Technique National Fernand Sastre。通称INF)が世界各国に模倣された結果、優位性は減少した。

また、育成手法が整備されすぎたことで個性的な選手が少なくなり、同じようなタイプの選手が増えていることを危惧する声もある

INFだけの課題ではないが、例えば、2010年南アフリカワールドカップでフランス代表として出場したマテュー・ヴァルブエナは、167cmという身長の低さを理由にボルドーのトップチームに昇格できなかった。プロのスカウトは個性的な選手をチームに組み込むリスクを嫌い、平均値が高い選手を手に入れようとする傾向にある。

育成の成功が裏目に出て、10代の早い段階で才能を示した選手たちが、高額の移籍金で国外のクラブに移籍し、慣れない環境の中で、一流選手とのポジション争いに敗れ、出場機会に恵まれず、そのまま消えていくケースも増加している

10代後半から20代前半の「フォルマシオンから仕上げの育成」の時期は、本来ならピッチでプロの経験を積むべき時期で、90分間の試合のペース配分や、対戦相手に応じたプレー選択、シーズンを通じたコンディショニングなど、様々なことを覚える大事な時期である

さらに、2011年以前は、13歳(サッカースクール)までは国の規定で保護者の下で生活する必要があるため、ほとんどの選手はアマチュアを含む地元のクラブで練習を積み、13歳から15歳までINF(プレフォルマシオン)で鍛えられ、卒業後にプロクラブの育成所(フォルマシオン)入りが理想的なコースという認識だった

先述の通り、優秀な選手を育てれば、10代の早い段階でも高額の移籍金が発生し、財源になるということで、フランスの各プロクラブは一層若手の育成に力を入れるようになった。

有望な選手は、13~15歳(プレフォルマシオン)でプロクラブがスカウトするようになり、さらに早い選手になると13歳まで(サッカースクール)の段階でも、プロクラブと契約するようになった。

フルタイムのプロのスカウトやパートタイムのスカウト(他に職業を持ち、仕事の合間にスカウト業をこなす。良い選手を発掘したら報酬をもらう歩合制)によって、フランス中にスカウト網が張り巡らされ、有望な選手の情報はプロクラブ間でやり取りされるようになった。

2016年時点で4年連続で育成所ランキング1位のリヨンは、町のクラブと積極的にパートナー契約を締結し、有望な選手をスムーズに獲得できるようにしている。 結果的に、INFのセレクションを受験するのは、プロクラブからスカウトされなかった選手たちになり、以前よりレベルが下がったという


 

皆さんはこうした課題や現実を知り、どのように感じますか?

 

将来プロのサッカー選手として...というのはある意味危険だと感じるはずです。

 

ですから、今のうちから学習転移が起こるような活動(ワーキングメモリーを向上させる活動)をライフキネティック運動プログラムで行っていこうと考えてみませんか?

 

この記事が「いいね!」と感じたら下記のボタンをクリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング