少年サッカーのママに知ってほしい育成年代に大切な5大要素。

今回は、“少年サッカー”を応援している“ママ”さんの為に、育成年代で大切な要素についてお伝えしていきたいと思います。

皆さんのお子さんが“ある程度の年齢”になってくると、他の子と比べてサッカーの技術や能力に差が出てくるものです。

そして、その中で技術や能力が低い子は”補欠組”に回されてしまいます。

休日のサッカーの試合で活躍させてあげたいのに、その重要な試合に出れないというのは、本人だけでなくママさんにとっても辛いものです。

当然、必死でその解決策を探している方もいるはずです。

そこで今回は、“少年サッカーを応援するママさん”にとって、少しでも役に立つ情報をお伝えしていければと考えています。

この記事の主な内容は、ライフキネティック・トレーナーの視点から見た“育成年代で最も大切な要素”をお伝えします。

まだ、ライフキネティックをご存知でない方は、下記の参考記事をご覧になると更に理解が進むと思います。

熱心に情報収集をしているママさんがいるからこそ、私もそうした活動を応援したくなりました!

では、本題に進みたいと思います。

 

こんなお悩みありませんか?

悩んでいる女性のイラスト

まず、サッカーについてインターネット上で色々と検索をされている方なら、“スキャモンの発育曲線”“ゴールデンエイジ理論”について、ある程度ご存知だと思います。

特に、サッカーの育成関連について書かれているサイトを読んでいるのであれば、必ずといって良いくらい、そのグラフや理論を目にするはずでしょう。

でも、私が保有するライフキネティックの理論では、この2つの要素は全く教わることがありませんし、トレーナーの講習会でも一切出てくることがありませんでした。

 

それは何故かというと...

 

時間は常に進んでおり、その時間の流れと共に“科学が進歩”しているからです。

これまで私は、精神科で勤務しながらサッカーの指導者をしてきたので、脳や神経の発達に関わるような、上記のグラフや理論について、以前からとても興味がありました。

特に、ゴールデンエイジ理論に関しては、それが分かりやすく書かれている本を取り寄せて、育成年代にとって必要なことを一通り学んだつもりでした。

しかし、これらのグラフや理論は、いま現在、その子が置かれている状態(どのような発達段階か)を分類する(見定める)為だけのものであって、サッカーの技術や能力の“差を埋める解決策”にあまり役立つことはありませんでした。

たぶん、それらに一度目を通し、ある程度理解した方なら分かるはずです。

指導者が技術や能力の差に頭を悩ませているわけですから、当然、サッカーをしているお子さんの親御さんだって同じように悩むはずです。

しかも、これといった解決策がない為、こうしたグラフや理論を使って、何とか親御さんに納得していただく方法しか今まではありませんでした。

また、そうした説明をしている指導者たちも、その言葉に対してそれほどの自信は無いと思います。

だって、その時になってみないとどのように成長するかなんて誰にも分からないわけですから...

 

(ママ)

うちの子は本当にサッカーが上手くなるのかな?

コーチ

大丈夫です!

ゴールデンエイジ期までに必要な技術や能力を養っておけば...

 

このような“やり取り”が、育成年代の指導者と親御さんの間で盛んに行われているのではないでしょうか。

しかし、この言葉の使い方は本当に正しいのでしょうか?

そこで私は、こうしたあやふやな対応しかできない自分が嫌だったので、しっかりと理論および体系化されたライフキネティック”という運動プログラムをイチから学び、トレーナーになる道を決意しました。

そうすることで、これまで説明できなかったことを詳しく説明することができるようになり、少年サッカーを応援する親御さんたちに自信を持って“サッカーに関する解決策を提案できる”ようになりました。

ライフキネティックに関しては、他のサッカーサイトでも多少触れられているとは思いますが、まだまだライフキネティックのトレーナーが書いている記事は、インターネット上に少ないと思います。

ですので、是非こちらの記事を読んで、皆さんが常に感じているサッカーの悩みを解決していただけたらと思います♪

 

育成年代で大切な5大要素

指で1~5までカウントしている手のイラスト

まずは、サッカーの育成年代で大切なことをライフキネティック・トレーナーからの視点も含めて書き出してみます。

 

育成年代で大切なこと

1.“学習における個人差”の重要性

2.“継続した学習”の重要性

3.“技術習得”の重要性

4.“コーディネーション能力習得”の重要性

5.“飲食”の重要性

 

主に、この5つの要素がとっても重要です!

 

それでは、上記5つの要素をそれぞれ解説していきます。

 

1.それぞれ個人差がある

様々な色をした大勢の人間が並ぶイラスト

この1つ目の要素となる“学習の個人差”については、これまで何度も記事の中で説明してきました。

したがって、あえてここで長々と説明する必要はないと思うので、参考記事を載せておきます。

各自で目を通しておいてください。

 

 

こうした科学的な側面から、

学習(運動スキル)の習得が早い子

“それほど手をかけなくても自然にサッカーが上達する”

割合が高い

学習(運動スキル)の習得が遅い子

“なかなか時間をかけてもサッカーが上達しない”

割合が高い

 

その為、私は下記のような学習法を皆さんにお勧めします♪

補足

・学習(運動スキル)の習得には、それぞれ個人差がある

・この個人差が、“学習する上で厄介な存在”になっている

・全ての人に“効果的な単一の介入法は無い”

・だからこそ、“個人にマッチングした指導者と指導法”が必要

 

つまり、

“それぞれ個人差があるので個々に合う学習法を選択する”

ということです。

 

もし、グループによる指導で伸び悩んでいるのであれば、

“個別で指導を受ける選択もある”

ということです。

 

では、次の要素を見ていきましょう。

 

2.学習を長く継続する

ダイアリーノートに予定を書いている女性の手元をズームアップした画像

しっかりと参考記事に目を通していれば、“学習を長く継続する”ことが重要だということが理解できているはずです。

そして、学習を長く継続する為のコツは

学習を長く継続するコツ!

本人のやる気を促す!

本人の行動が一番重要!

練習の時間と量が大切!

こちらも過去に参考となる記事を書いています。

それから、学習を長く継続させていきたいのであれば、お子さんの活動や取り組みを“肯定することが重要”です。

 

そこで私は、

“上記の参考記事の中でお伝えしているリフティング”

を日々の活動に取り入れることをお勧めしています。

 

お勧めする学習を長く継続する方法

まずはリフティングから始める!

【やり方】

1.毎日1分でも良いから時間を決めて行う

2.決めた時間が過ぎたらやめる

3.本人が納得しないのであれば多少続けてもOK♪

4.絶対に三日坊主にしないこと!

 

たったこれだけの活動で、私の息子は小学生3~4年生までの間に、コートのタッチラインからタッチラインまでボールを落とさずに、更にリフティングをしながら目的地まで歩くことができるようになりました。

これは、最初に説明した“学習の個人差”と非常に深い関係があります。

 

うちの息子は、特に何かに優れた素質を持っていたわけではありません。

“なかなかサッカーが上達しない方のグループ”

でした。

 

そして、何かを教えようとしても、すぐに飽きてしまいます。

そこで私は、本人が負担にならない程度の時間(最初は3~5分)を決めて、それをなるべく毎日行えるように促すことにしました。

 

もし、リフティングを長くやり過ぎているようなら

「もうヤメにして、また明日やろう♪」

といった感じで、翌日も練習に取り組める環境を作りました。

 

たとえ、その練習が1分であっても

365日続けられたら、365分も行ったことになります。

 

しかも、リフティングは一番結果が出しやすいトレーニング法です。

つまり、“やった分だけ結果が出やすい”です。

 

多くの親御さんは、過剰にお子さんに負荷をかける傾向があります。

「もっとやらなきゃダメ!」

「もっと練習しなければ上手くなんてなれないよ!」

こんな感情を持って、お子さんに接していることはありませんか?

実はこれ、大きな間違いですよ(汗)

 

ある程度の年齢になれば、たくさん練習しなければならないことは理解できますが、まだ幼少期段階では、それを“身をもって体験していない状態”です。

だからこそ、“結果が出やすいリフティングがお勧め”なのです♪

結果が出れば、周りの子からも認められますし、指導者にも認められます。

こうなれば、本人を肯定する環境が頻繁に起こりますよね?

 

ようするに、これが練習を長く継続させる秘訣です(笑)

是非、明日から試してみてください♪

 

3.技術を習得する

幼児がサッカーボールを使ってドリブルをしている風景

次に、サッカーの技術習得に関することをお伝えします。

実はこちらも、過去に書いた参考記事があります(笑)

上記の参考記事には、

どのくらいからスクールに通うべきなのか?

どのあたりから学習の結果が出始めるのか?

といったことを詳しく解説してます。

 

それから、たとえサッカーの知識がなくても、紹介している動画を見れば“サッカーのレジェンドたちの技術”の凄さが感じられると思います。

“日本国内のサッカーの技術”“世界トップレベルのサッカーの技術”違和感を感じている方”であれば、この記事が参考になるはずです。

サッカーのことを何も分からずに、ただお子さんの活動を見守るだけというのも何か寂しい感じがしますので、是非この機会に“世界トップレベルの技術とはどういうものなのか?”を感じ取っていただけたらと思います♪

 

なお、こうした世界トップレベルの技術をムービレッスン形式で、多くのサッカーママさんに提供しています。

これは私からの提案なので、あくまでも“お子さんにマッチングした指導者と指導法を選択”してください♪

 

4.コーディネーション能力を習得する

屋内でフットサルの試合をしている少年たち

次に、サッカーのコーディネーション能力習得についてお伝えします。

この能力は、サッカーの技術とかなり深い関係にあります。

当然、それが学べる参考記事もご用意してありますよ♪

ちなみに、ライフキネティックの視点から考えるコーディネーション能力は、決して“身体の使い方だけではない”というのがあります。

 

コーディネーション能力とは?

“目と手”のコーディネーション能力

“目と足”のコーディネーション能力

“脳と身体”のコーディネーション能力

 

私がここで説明するよりも、参考記事の中で紹介しているライフキネティックの神様ホルスト・ルッツ氏の動画を見るのが一番手っ取り早いです。

ライフキネティックの神様ホルスト・ルッツ!

ライフキネティックを体験しよう!配信動画で学ぶ3つの要素。

また、日本国内でも様々なクラブやサッカースクールが導入するようになってきています。

 

「少しでも周囲に差をつけたい!」

「サッカーが上手な子との差を縮めたい!」

 

こうした強い想いがあるならば、ライフキネティックの理論を少しでも学んでおけば、後々何かの時に役立つはずです。

なお、体験会は日本支部がどこかの主要都市で毎月開催しています。

【ライフキネティック日本支部サイト】

ライフキネティック体験会について

 

さて、このコーディネーション能力ですが、“サッカーの技術と密接に関係している”ということを、これから幾つかお伝えしていきます。

私が、育成年代のプレーを見ている中で、なかなかサッカーが上手くなっていかない理由として、この“コーディネーション能力の基本が習得できていない”というのがありました。

 

紹介した参考記事にもある“フェイント”を例にあげると

“ボールと一緒に動く能力”

といっても良いでしょう。

 

マラドーナ・クライフ・ペレといったレジェンドたちも、

“ボールを受ける時の身体の向きや使い方”

“ボールをコントロールする時の身体の向きや使い方”

こうした基本のコーディネーション能力を身につけています。

 

日本国内では、サッカーに必要なコーディネーション能力が、そこまで広く浸透していないというのが現状のようです。

 

多くは、

“試合の勝ち負けにこだわり過ぎる”ことで、

“サッカー選手として育てる為の指導をしていない”

こうしたことが、1つの要因になっています。

 

当然、当スクールのムービレッスンでは、サッカーに必要な全てのコーディネーション能力を高める為のトレーニングも提供しています。

 

この能力が後々になって、

“大きな差となってあらわれる”

ことが理解できれば、絶対に習得すべき能力だと判断できるはずです。

 

5.運動後の飲み物と食べ物

コーラの空き缶を手で握りつぶしている画像

それでは最後の要素となりましたが、“サッカー選手にとって大切な飲食”についてお伝えしていきます。

皆さんは、普段からどのようなモノをお子さんに飲ませたり、食べさせたりしていますか?

 

結果から言ってしまうと、

試合や練習後の“甘い飲み物”“菓子類”は絶対に禁止です。

 

何故、それらが禁止なのかというと

甘い飲み物と菓子類が良くない理由

試合や練習で消費したエネルギーを摂取することが必要

その為には、適切な栄養素が必須

食事前に、それらを摂ってしまうと十分な栄養が摂れなくなる

疲労回復や怪我の予防に繋がる

上記のような理由から、身体にスムーズに吸収されるドリンクや栄養素が補えるモノを摂るように心がけてください。

 

糖質の多い炭酸飲料や菓子パン、

その他、ファーストフードやジャンクフードはもっての外です!

 

サッカー選手は身体がベストな状態でないと、普段の能力をフルパワーで発揮することができません。

特に、怪我の多い選手というのは、食も細く、更に栄養が偏っている可能性が非常に高いです。

Jクラブの下部組織などでは、その辺がしっかりとされていて、食育というものを親子向けに開催しています。

 

“試合でバテない身体作り”

“丈夫な身体作り”

その為にも、普段から摂る食事には十分注意しましょう。

 

特に、

“アミノ酸”“良質なタンパク質”

これらは必須の栄養素なので、運動後すぐ摂取するようにしましょう。

 

私が開催するライフキネティック・サッカースクールでも、トレーニング終了後に子供たちが「頭を使いすぎてお腹がすく!」と言います。

その為、親御さんに協力をしていただいて、スムーズに必須栄養素が補給できるものを各自で持参していただいてます。

 

では、最後に “飲食のまとめ” です。

良くない飲食と大切な飲食

練習・試合後は、消費したエネルギーを素早く摂取!

甘い炭酸飲料や菓子類・ジャンクフードはNG!

しっかりと栄養素を摂る為に、上記のような間食をしない!

アミノ酸と良質のタンパク質を摂取する!

消化~エネルギーに変わる時間も考慮し、吸収しやすいものを選ぶ!

食事管理で、バテない身体作りと怪我の予防をする!!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、“少年サッカーを応援するママさん”に向けて、“育成年代で大切な要素”を参考記事も含めながらお伝えさせていただきました。

当然、この記事で書かれていることが全てではありません。

その中で、“特に重要な要素”を今回あえて書かせていただきました。

ライフキネティックの視点も含めての要素なので、たぶん他のサイト等では知ることができない内容も多かったと思います。

その為、読むのが疲れるとか、流し読みしたくなるとか、ある程度まで理解していれば良いか...となるものです。

そこに関しては、個人の努力次第ですから、今後お子さんにとって重要な知識であるかどうかをしっかりと考えて、ご自分で判断してみてください。

もし、「こんな悩みや疑問についても書いてほしい!」といった要望があれば、下記または、こちらの“質問や疑問ご利用に関するお問い合わせ”から気軽にご連絡ください♪