セレクションの意味と受かる子に共通する3つの要素について。

今回は、サッカーにおけるセレクションの意味と、そのセレクションに受かる子に共通する要素についてお伝えしていきます。

 

過去のブログでは、セレクション合格や補欠からレギュラーになる為の情報を良く書いていましたが、こちらのブログではあまり取り上げていませんでした。

 

たくさんの方が日々ブログに訪れてくれるようになったので、そろそろサッカーのセレクションについて書いていこうかなと思いました。

 

ちなみに、過去10年の間でサッカーのセレクションに合格した人は、たくさんいすぎて私自身も正直なところ正確には覚えていません(汗)

 

当初は、既にガンバ大阪ジュニアユースに所属している選手と、これからJFAアカデミーを受験しようとしている選手のモニターをしていた為、その後の取り組みが正真正銘のセレクション合格なのではないかと思います。

 

基本的に茨城県内であれば、「水戸ホーリーホック」「鹿島アントラーズ」も数名いましたし、県外であれば、「柏レイソル」「vivio船橋」「クラブドラゴンズ柏」「ヴェルディ系列」、少し離れて「横浜FC」、何故かフットサルの「名古屋オーシャンズ」にも合格者がいました。

 

そのほとんどが、ジュニアおよびジュニアユースのセレクションなので、ユースになると多くは全国レベルのサッカー部に進学していますし、その中には、全国大会でレギュラーとして出場した選手もいます。

 

セレクションに合格することだけを目標にするならば、そのコツさえ知ってしまえば、一般の子でも簡単に合格できてしまいます。

 

ただし、セレクションに合格してレギュラーになれるかどうかは、その後の本人の取り組み次第です。

何度もブログの中でお伝えしているように、ある運動スキルを習得する為には、本人のやる気と行動が一番重要ですからね。

 

ということで、早速セレクションについてのあれこれを書いていこうと思います。

 

①セレクションの意味について

メガネをかけた男性が辞書を調べているイラスト

それでは、いつものようにセレクションを辞書で調べてみることにしましょう。

 

セレクションの意味とは

“選ぶこと・選択・選抜”

“また、選りすぐったもの”

とあります。

 

サッカーのセレクションであれば、合格する選手を選ぶことは当然のことなので、どちらかというと選りすぐったものと解釈して良いと思います。

 

では更に、上記のキーワードを調べてみます。

 

選りすぐったものとは?

“良いものの中から、更に良いものを選び抜く”

とあります。

 

つまり、

サッカーにおけるセレクションの意味とは?

“良い選手の中から、

更に良い選手を選び抜く”

ということになります。

 

これまで多くの方が、サッカーのセレクションに合格してきたので、様々な裏事情等も聞いておりますが、大抵のセレクションでは、既に合格が決まっている選手が複数名存在しています。

 

そして、一次試験をパス二次試験をパスという感じで、その選手の能力と、それまでの実績等に合わせて、途中からセレクションに合流してくる選手もいます。

 

特に、そのクラブのジュニアに所属していた選手というのは、大抵が一次試験をパスして二次試験から合流します。

そして、他クラブで活躍していた選手や実績がある選手というのは、三次試験あたりから合流してきます。

 

少しまとめてみますね。

 

キーポイント!

無名の選手一次選考~
(一般枠)
受験者数が最も多く
ライバルも多い
既存のクラブ選手二次選考~
(一次選考パス)
少しレベルが上がる
ライバルが少し減る
他クラブで活躍
実績がある選手
三次選考~
(二次選考パス)
かなりレベルが高い
ここに入ることが重要!

(注)全てが上記の通りではありません

 

既に、セレクション合格をもらえている選手でも、しっかりとセレクション(三次選考)は受けるはずなので、途中から合流してきた選手は、ほとんどが合格濃厚というお墨付きをもらっている場合が多いようです。

 

しかし、このセレクションの意味を全く知らずに、参加費を払って

「最後の記念に...」

とセレクションを受けた人の中には、こうしたことを後から知って後悔する人や、不満に感じる人少なくないようです。

 

日本は海外と違って、その地域でスカウトを専門としている人がほとんど存在していません。

つまり、指導者やクラブ間のコネなどを使って、そうしたやり取りが秘密裏に行われていることもあるようです。

 

国内にはスカウトがほとんど存在していない為、どうしてもこうしたやり取りは胡散臭さを感じます。

場合によっては、引き抜き行為としてみなされて、地域のサッカークラブ関係者や指導者たちから冷たい目で見られることや評判を落とすクラブも極少数あるようです。

 

私の経験上、息子に関してはそういう状況でセレクションに合格したわけではないので、実際に上記のような過酷なセレクションは体験していません。

しかし、いざクラブに入団すると、全く練習会に来ていなかった選手が、突如セレクション会場に現れて合格もしているということがありました。

 

“何を基準に?”

“その選手を合格させたのか理解できない...”

という疑問も、少なからず私の中にはありました。

 

つまり、我々にはどうしようもできない力関係待遇が用意されていて、クラブに入団してからも、こうした特別待遇が見え隠れすることも多々あります。

 

ちなみに息子の場合、自分からクラブを辞めるとなった時、クラブ側の反応が正直あまり良くありませんでした。

特に電話などをしてくることもなく、メールのみで退会処理のやり取りをして終了でした。

 

ですので、こうしたクラブ側の対応を見てしまうと、

“本当に個々の選手を真剣に考えてくれていたのかな?”

と疑問に感じることもあります。

全てのクラブがそういうわけではありませんし、たまたま息子の所属していたクラブがそうだっただけなのかなと思います。

 

ですから、

“闇雲にセレクションに合格すれば良い”

というものでもありませんし、

“本当に必要とされているクラブに進むべきだ!”

と私は率直に感じます。

 

それでも、一度くらいはセレクションを受けておこうと考えるのは決して悪いことではありませんから、

“もしかしたら、上記のようなことが起こるかもしれない...”

ということを頭の片隅に置いた上で、セレクションを受けていただくと良いのではないでしょうか。

 

②セレクションに受かる子と受からない子に優劣の差はない。

チェックリスト用紙とペンのイラスト

次に、セレクションに「受かる子」と「受からない子」が出てくるわけですが、当然ながら「受からない子の方が多い」に決まっています。

 

セレクション合格の割合

受からない子が圧倒的に多い!”

受かる子が圧倒的に少ない…”

 

それから、そのクラブでは、

“何人選手を合格させるのか?”

にもよると思いますが、あまり合格人数が多いのもどうかと思います。

 

サッカークラブは、サッカーの指導を受ける選手がいて経営が成り立つわけですから、それなりのクラブ生を確保しなければなりません。

従って、30人も40人もセレクションに合格させるようなクラブは、どちらかというと育成よりも経営重視になっている可能性が非常に高いです。

 

それでもクラブを信用して、

“このクラブ指導者の指導を受けたい!”

と納得しているのであれば、是非お子さんをクラブに託してみてください。

 

ちなみに、ムービーレッスンを受けている方の中にも、クラブのセレクションに合格はしたものの、いざ指導を受けてみたところ、育成方法内容や方針に疑問を感じ、途中で退会して他のクラブに移籍しているという方も実在しています。

 

これは、その人の判断次第だとは思いますが、

“2~3年間をそのままのクラブで過ごしてしまうのか?”

それとも、

“もっと良いクラブや環境があるならば、そちらを選ぶ!”

このように、自由な選択肢があっても良いと思います。

 

ちなみに海外では、自分が必要とされているクラブを最優先で選ぶシステムなので、指導者とマッチングしなかったり、育成システムに疑問を感じたりしたら、そのクラブを辞めて移籍するということが頻繁にあるようです。

 

当然、そのクラブの指導者が

“もっと良い環境に進むべきだ!”

後押ししてくれることが圧倒的に日本よりも多いようで、それによってビッグクラブの育成組織に移籍し、世界トップレベルの選手として活躍!といったことが多いようです。

 

どうしても今の日本サッカーは、その選手を他の育成機関に預けるとか、託すという行動が海外よりも少なく、それによって選手が同じクラブに3年間在籍し続けるということが多いようです。

 

さて、話が少し反れてしまいましたが...

 

セレクションに受かる子というのは、そのクラブおよび指導者から認められていることを意味しています。

逆に受からない子というのは、クラブや指導者から認められていないことになります。

 

何故、このような

“認められる”

“認められない”

が出てくるのでしょうか?

 

それは、その選手を自分のクラブで指導して、立派な選手として育成していきたい!というのが根底にあるからだと思います。

その為、そのクラブの方針に照らし合わせて、優れている分部をセレクションでチェックするわけです。

 

ですから、セレクションに不合格になったからといって、特に悲しんだり、諦めたりする必要はないわけです。

 

だって、そのクラブや指導者にただ認められなかっただけですから、他に自分を認めてくれるクラブを探せば良いだけです。

 

もしかしたら、セレクションに受からなかった子が、他クラブでレギュラーになって、将来的に伸びる可能性があるかもしれませんし、

セレクションに受かった子3年間を補欠のまま過ごして、実戦経験を積むことができない…なんてことになるかもしれません。

 

注意点!

1.自分を認めてくれるクラブを優先する!

2.セレクションに合格してもレギュラーになれる保証はない!

3.補欠よりもレギュラーの方が実戦経験をより多く積める!

 

こうしたことが、日本サッカーの悪い部分でもありますよね。

 

特に高校サッカーは、全国大会に出場するサッカー部ともなると部員が100人以上在籍しており、その中のたった20名程しか大会のメンバーに入れないのです。

他80人の選手たちは、雑用や応援をするなどして、チームをサポートする役として3年間活動し、それを日本では集団における美学として扱います。

 

これは、海外のサッカーでは信じられないことだと思います。

 

つまり、我々の住む日本におけるサッカーを海外と比較すると、かなりかけ離れた環境でサッカーをしているわけです。

 

こんな環境でサッカーをしているのですから、いざ海外に挑戦しても、競争率の激しい世界では勝てませんよね。

 

海外では、いつどこから良い選手が新たに加入してくるか分かりませんし、明日にはクラブから消えている選手だっているわけです。

そんな厳しい世界で彼らは幼い頃から競い合っているわけですから、海外クラブの方が、世界トップレベルで活躍できる選手に育つはずです。

 

ですから、

“セレクションに受かる”

“セレクションに受からない”

で優劣を決めるのではなく、

“自分の目的やレベルに合わせてクラブを選択することがベスト!”

ではないかと思います。

 

今のサッカー日本代表選手は、決してセレクションに合格した選手ばかりではありませんよね?

クラブのセレクションで認められずに、新たに自分を必要としてくれているクラブやチームを求めて、そこでレギュラーとして活躍し、更にプロ選手としての道に進み海外クラブで活躍している選手が実在しています。

 

まだ日本代表選手は、高校サッカー出身の選手クラブ出身の選手半々だと言われています。

この先、どのような割合になっていくのかは、その時になってみないと分かりませんが、もしかしたら高校サッカー出身の日本代表選手の割合が多くなるかもしれません。

 

その為には、もっと多くの選手に出場機会を与えられるようなシステムにしていかなければいけないでしょうし、そのレベルに合わせたクラブでプレーして、常にレギュラーとして出場できるようにしていく環境が必要だと思います。

 

③受かる子に共通する3つの要素

赤い文字でpassと書かれたスタンプのイラスト

それでは、セレクションに受かる子であっても、受からない子であっても、そこには優劣の差が無いことが分かったということを前提に、ここから先はセレクションに受かる子に共通する要素を3つに分けてお伝えしたいと思います。

“セレクションに受かる子”

“セレクションに受からない子”

この差には、一体何があるのでしょうか?

 

各項目に分けて、それぞれ解説していきます!

 

1. サッカーの基本技能が身についている

少年がサッカーボールをリフティングしている足元をズームアップした場面

まず1つ目の要素です。

 

それは

“サッカーの基本技能”

が身についているかどうかで判断されます。

 

クラブ側が、わざわざ選手を募集してセレクションをするわけですから、集まった選手の中から更に良い人材を選び抜くのは当然です。

 

そして、その中でも特に、クラブの育成や指導だけでは絶対に身につけられない部分を重要視していることが多いようです。

 

例えば、生まれながらに持った足の速さだったり、生まれながらに持ったフィジカルの強さだったり、生まれながらに持ったボールタッチコントールなどをクラブの指導者たちが見て判断して、その選手のセレクション合否を決めます。

 

ですから、既に周囲と比べて足が格段に速いとか、フィジカルが強いとか、ボールタッチ感覚に優れているといった、他には無い能力があるなら、セレクションに合格する確率が格段に高くなることになります。

 

他の選手に無い能力!

“足の速さ”

“フィジカルの強さ”

“タッチコントロール技術の有無”

実は もう1つ ある!

 

しかし、この記事では、

“一般の子を限定としたセレクション合格”

をお伝えしています。

 

ですから、一般の子がそれらを超える何か(能力)を持つ必要があります。

 

そこで私が考え出した答えが...

 

意図的に、

超重要ポイント!

“生まれ持った天性のコーディネーション能力を持っている”

と ”指導者の目に植え付ける” こと

でした。

 

ですので、元々そのような天性のコーディネーション能力は一般の子にはありません。

それでも、持って生まれた天性のコーディネーション能力があるように見せることは十分可能です。

 

ただし、その為には本人のやる気”と”行動”が必要です。

 

私が10年以上もかけて、世界トップレベルの選手たちのコーディネーション能力を常に観察してきたのには意味があります。

 

実は私自身も、

“彼らと同じ天性のコーディネーション能力を持ちたかった”

とうのがありました。

 

そして、スポーツの指導者というのは、

“天性の素質を持った子”

非常に敏感”です。

 

彼らは、

“この子なら必ず世界トップレベルの選手になれる!”

という選手がいないかを常に日本国内で探しています。

 

ようするに、

“未来のメッシみたいになれる逸材が何処かにいないか?”

と常にアンテナを張り巡らせているわけです。

 

それならば、そういう選手になってしまえば良いわけです。

 

足の速さやフィジカル、ボールタッチコントロール等は、なかなか努力しても実現できない能力だということは既に皆さんもご存知のはずです。

 

でも、

“サッカーに必要なコーディネーション能力”

ならば、その子の努力次第で手に入れることが可能ですし、それによって指導者たちの目に植え付けることも可能なのです。

 

ですから私は、現在ムービーレッスンを用いて、日本全国の方を対象に、このサッカーに必要なコーディネーション能力”を身につけられるように、様々な方法を使って伝える努力をしています。

 

これは、取り入れる年齢が早ければ早いほど成果が出ますし、本人が意識せずとも、その能力が身についてしまうというトレーニングメニューに仕上げています。

 

でも、これがなかなか信じてくれない人が多いというのも事実です。

 

大抵の場合、小学4年生以降になって、このサイトやブログを見つけ、そこで初めて私の伝えるトレーニングに取り組むことになるので、どうしてもその能力を身につけるまでの期間(時間)が足りないといった問題が出てきてしまいます。

 

もし、私が有名なYouTuberならば、こうしたことが早期に実現できたのかもしれませんが、自分はそういった存在になろうとは思っていませんし、そうなれる素質も私にはありません。

 

とにかく、セレクションに受かる子というのは、

“周囲にはない特別な能力を持っている”

ことは確かです。

 

2. 好きなことに夢中になれる

少年や少女たちが真剣にサッカーのトレーニングに打ち込んでいる風景

次に2つ目の要素です。

 

それは

“好きなことに夢中になれる”

というのがあります。

 

たぶんどんな子でも、“必ず何かに夢中になっていること”というものがあるはずです。

それはサッカーかもしれませんし、ゲームかもしれませんし、もしかしたら勉強や音楽と言った専門的な分野かもしれません。

 

どちらにしても、夢中になっている時というのは、その活動が楽しいですし、そして更に追求していきたくなるものです。

 

ただの遊びのテレビゲームだって、今ではプロのゲーマーが存在する時代ですから、ゲームという世界の中で、世界トップレベルを目指すことだって、今の時代ならば実現することが可能です。

 

では、もしそれがサッカーだったら?

 

これこそが正真正銘

“世界トップレベルのサッカー選手になれる素質”

だと私は思います。

 

でもそんな子が、その辺にゴロゴロいないというのが現状です。

ほとんどの子は、ッカーよりも楽しいものを知っている”でしょうし、親御さん祖父母等がサッカー以外の楽しいものを買い与えている”ことが多いです。

 

もし、あなたが

“サッカーが一番になる方法が知りたい!”

といことであれば

“おれ、バルサに入る!”

という本を読んでみてください。

 

これを読めば、

「あっ!もう遅いかも...」

と感じるかもしれません。

 

それだけこの本には、

“子供がサッカーを大好きなる為に重要なこと”

が書かれています。

 

もし、興味がある方は、是非お読みになってみてください。

 

3. 最後は、本人のやる気と行動だけ

少年サッカーでメッシのユニフォームを着た選手が1対1のドリブルでチャレンジをしている風景

そして最後の3つ目の要素です

 

これは何度もお伝えしているように、

“本人のやる気と行動”

です。

 

この強い気持ちがあれば、

“その瞬間から脳を変える”

ことができます。

 

上記の意味が分からないという方は、下記の記事をご覧ください。

 

そして親御さんたちがすべきことは、

“本人のやる気と行動を促す為に必要なことをする

これだけです。

 

でも、ここが一番難しいというのが現状でもあり、多くの人たちが悩む部分のようです。

ほとんどの親子は、この部分で諦めてしまったり、逆にお子さんのやる気の無さに失望したりして、活動を断念してしまいます。

 

それだけ、

“本人のやる気と行動を促す”

というのは難易度の高い要素なのだと思います。

 

私自身も、息子のジュニア時代に、”やる気と行動を促す為の努力”を様々な形で試みたことがあります。

しかし結局は、私以外の人たちが、サッカーより楽しいものを買い与えてしまう為、息子にとって“サッカーが一番大好き”にはなれませんでした。

 

当然、学校などに行けば友達もいるわけですし、子供の周りには”危険な誘惑”が常にまとわりつくものです。

 

でも、こうした“危険な誘惑”をうまく掻い潜っていった人だけが、サッカーのプロ選手になり、“世界トップレベルの選手”になっていくのだと思います。

 

ここで少しだけ面白い話をお伝えします。

 

私の息子がサッカーを辞める時に、ある人に相談したことがあります。

そこで、その人からこんなことを言われたことがあります。

 

ある人に言われたこと

“ある意味、そういう世界で生きていく人間は一般から見れば異常だよ”

“その世界で活躍できることは凄いことだし、羨ましいこと”

“でも、一般の人には絶対に無理な話だし、ある意味、お前の子供は普通なんじゃないの?”

 

これを言われて、私は本当にその通りだと思いました。

 

その道を極めるということは、ある意味普通ではないですよね。

大抵の場合、その前に挫折して諦めてしまうものです。

それでも諦めきれなくて、“何か方法は無いのか?”と常に模索し続けられる人間でないと、”そのような人物にはなれないのだな”と、改めてその異常さを感じることができました。

 

先ほどご紹介した本と合わせて、

“カンプノウの灯”

も是非ご一読することをお勧めします。

 

この本を読めば、幼いうちに普通ではない環境でサッカーをしたことで、深刻なストレスに悩まされた人たちの話を知ることができます。

 

どのようにして、

“当時のメッシ” が “今のメッシ“ になったのか?

それを皆さんも少し知ることができると思いますよ♪

 

これを機会に、是非この本を手に取ってみることをお勧めします!

 

④まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

今回は、サッカーにおけるセレクションの意味セレクションに受かる子の3つ要素について、独自の視点からお伝えしてみることにしました。

 

この記事で書いたように、ただセレクションに合格することは、それほど難しくはありません。

ただし、そこから先を親御さんが強く求め過ぎると、お子さんにとって “重荷になる” ことは明らかです。

 

目標設定と課題の設定!

“どこまで本人が目指そうとしているのか?”

そして

“どこを目標にするのか?”

をしっかりと親子で話し合って、

“達成が可能な目標”

“達成できそうな課題”

を協力し合いながら、少しずつあげていくと良いと思います。

 

また、サッカーのセレクションに受かることだけが人生ではありません。

その取り組みは、人生の中の1つの分岐点にすぎないのですから...