リオネルメッシのドリブルの特徴。コツを掴む練習法とは?マシューズフェイント動画がヒントに!?

アルゼンチンの国旗

今回は、アルゼンチンが生んだ天才ドリブラー「リオネルメッシ」のドリブルについて、その特徴やコツ、練習法の有無、彼の動画から分かることをお伝えしていきたいと思います。

 

メッシに関する記事は、今回で2回目です。前回はメッシの動画を「1日1回見ましょう!」という内容でしたね。

 

あれからそれなりの時間が経過しましたので、しっかりとブログを読んでくれていた方なら、その大切さが分かっていると思います。

 

個人的にメッシが一番大好きなサッカー選手というわけではありませんが、やはりバロンドールを何度も授賞していますし、ドリブルと言えば「メッシ」か「マラドーナ」というくらい、アルゼンチンでは当たり前の代名詞になっています。

 

今回は、彼のドリブルに前回よりも更に深く迫っていきたいと思います!

 

①メッシのドリブルの特徴とは

彼のドリブルを何度も見ていると、ある特徴というものが見えてくるようになります。

 

私だけでなく、結構いろんな人が彼のドリブルを模索し、それを動画やインターネット上で公開しています。

 

でも不思議と彼と同じようなドリブラーはあらわれませんよね?

 

これだけ彼の動画やドリブルの特徴がインターネット上で見られるのに、これといった決定打がない為か、いまだに未知の領域です。

 

何故これほどまでにメッシのドリブルが難しく、一般に浸透しないのかというと、彼にはこれといって目立ったお決まりの技やパターンが無いからではないでしょうか。

 

ジダンならルーレットができればジダンと言われますし、ロナウジーニョやネイマールならエラシコやシャペウをすればそれ相応の呼び方をされます。

 

でもメッシには、「メッシの〇〇〇」というフェイバリットがありません。

 

というのも、彼の使っているドリブルの技術は、昔からある技術ばかりで決して真新しいものではないのです。

 

主に使っているのは、マシューズとダブルタッチです。

 

当時、ドイツやイングランドのサッカー指導者用の専門書を読んでいた時に、選手たちに伝えるべき技術として、マシューズという名のついた技術がありました。

 

当時の私は、まだマシューズの存在を知りませんでしたので、すかさず「マシューズ」という人物がどのようなサッカー選手だったのかを動画で検索することにしました。

 

ちなみに、彼はスタンリー・マシューズと呼ばれていました。

まだYouTubeにも動画があったので一応ご紹介します。(それにしても動画が白黒の時代って、いつの時代の選手なのでしょうかね...)

(一部省略していますので約20秒の動画です)

 

ご覧になっていかがだったでしょうか。

何となくメッシのドリブルと特徴が似ていませんでしたか?

 

メッシは左利きですが、たぶん彼は右利きだと思います。

あのサッカーの神様ペレやベッケンバウアーも称賛した偉大な選手なんだそうです。

 

当時、彼は17歳でプロデビユーして、50歳まで現役選手として一線でプレーしていたようで、現役時代に一度も警告を受けたことがなかったそうです。

 

さすがイングランドですね!

それにしても、この国には両極端な選手が存在するようです(汗)

あえてそこには触れませんが...

 

それで、彼のプレーを見ることで、メッシのドリブルの特徴が見えてきます。

 

まず視線の先には相手の足元が。更に、アウトサイドでボールをタッチするのか、インサイドでタッチするのか分からないような動き方。

 

ここがポイントですね。

 

相手ディフェンダーからは、「どちらの側(イン・アウト)でボールをコントロールするのか予測ができない」というところに、この技術の秘密がありそうです。

 

では、その秘密とコツを次の章でお伝えしたいと思います。

 

②マシューズのコツは...

まず、マシューズのコツですが、これはディフェンダー側から見ると理解しやすいです。

 

日本人の多くは、自分が技術を出せば必ず相手が引っかかる、または惑わせると思い込んでいます。

 

ですから、一生懸命ドリブルテクニックの本やDVDを買って、それを参考にインターネット上で公開しているのでしょうね。

 

でも本質は違います。

 

彼の脳には、相手の動きがインプットされていて、どのような時にどのようなタイミングで、この技術を出せば相手をかわせるのかを知っています。

 

当然、それを瞬間的に実行に移す為には、いつでも身体が動ける状態になっていなければいけませんし、相手の足がボールに届かない位置へボールをコントロールするタッチ技術も必要です。

 

以前、フットサルをしていた頃に、メッシのドリブルの特徴を真似ている人を見かけたことがありますが、低いレベルならばそれで何人でも抜けてしまうのですが、いざレベルが高くなると全くそれが出せずにいた人を覚えています。

 

これって何故でしょうかね?

 

たぶん本人も分かっていないと思います。

知っているのは私だけでした。

 

相手選手のレベルが高くなれば、当然、相手の動きやタイミングも変わってきますし、その一連の流れを脳でインプットしていなければいけません。

 

だから、ドリブルテクニックの本やDVDは全くあてにならないのです。

 

基礎的な部分が抜けているのに、それをすれば相手を抜けるとか、かわせると書いてしまっていますよね。しかも本気でディフェンスをしてこない相手に...

 

そういう教材なら私にだっていくらでも作れます。

あとは「それを買った人が勝手にそれらを解釈してください!」という代物です。

 

これでは、その教材の存在自体、意味をなさないと思いませんか?

 

でも多くの人は、それが知りたいがために、それ相応のお金を払って購入しています。

酷い人になると、動画にそれらをあげて、「自分はメッシのドリブルが完璧にできますよ」といった宣伝までしている人がいます。

 

そこに関しては否定するつもりはありませんが、本当にその技術を知りたい、学びたいと思っている人に対して失礼ではないかなと個人的に思います。

 

何故、何もないところからマシューズが誕生するのか私には理解できませんし、それが実戦で本当に通用するのかも微妙な気がします。

 

少し話が反れてしまいましたが...

 

ようするに、こうした目立たない古くからある基本的な技術は、ちょっとやそっとのことでは簡単に習得できないということです。

 

私もいまだに40歳オーバーの試合等でやることがありますが、それをするとファールをされるのであまり好きではありません。その度に倒されたりファールをされたりして疲れますしね。

 

でもサッカーを教えている子供たちはまだまだ若いですし、当然エネルギッシュなので、是非こうした基本技術を幼い頃にマスターしてほしいなというのが私の中にはあります。

 

ここでも1万時間の法則を出してしまいますが、ただ単に1万時間このマシューズをやったからといって、それが必ず身につくという簡単なことではありません。

 

もし「それは何故?」と思った人は、脳の神経可塑性を私のブログで学んでください。

 

運動スキルの習得には個人差があり、それなりの時間と量が必要だということが分かると思います。そして、その個人差によって、マシューズが習得できる時間や量が変わってきます。当然、これらを短縮させるのが私の役目ですけどね。

 

③メッシとマシューズを見て分かること

メッシの動画を見ていると、身体の使い方は少しずつ分かってきます。

 

しかし、肝心の技術を出すタイミングとうのが分かりにくいとうのが本音です。

 

あまりここでそれには触れたくありませんが、ヒントは相手の身体や動きです。

これも運動生理学が深く関係しています。

 

それに加えて、脳でそれらを記憶している必要があり、短期記憶や長期記憶といった能力が必要になってきます。

 

ある会員の親御さんとそうしたことをメッセージをかわしていると、「最近できることが増えてきたせいか、それによって選択する部分で判断に迷いが出ている」というやり取りをしたことがあります。

 

それもそうですよね。今まで1つか2つのことしか選択しなかったものが、3つ4つと選択肢が増えていくわけですから、そのうちの「どの技術」を「どのタイミング」で使うべきか判断で迷ってしまうことも出てくるわけです。

 

そして、判断で迷っている間も時間は着実に経過しています。

これによって、相手にボールを奪われたり、出だしの反応が遅くなったりします。

 

いかにそれらを短時間で見極められるかが、このマシューズやダブルタッチの基本技術の難しい部分でもあります。

 

それでは少しだけメッシのドリブルをご覧になってみてください。

(一部省略していますので約15秒の動画です)

 

当時のマシューズとはサッカーのレベルが違いますが、基本的な動きやタイミングなどは同じかなと思います。

 

現在のメッシに対するプレッシャーと、過去のサッカーにおけるマシューズに対するプレッシャーでは明らかに違いがありますので、その辺を考慮に入れて考えなければいけませんね。

 

私の場合は、あえて答えを教えませんので、ご自身でこの動画を見て、記事のヒントを元に答えを導き出しみてください。

 

メッシの動画を見れば見るほど、現代のサッカーに必要な様々な技術やコーディネーション能力が見えてくるようになりますよ♪

 

この記事が「いいね!」と感じたら下記のボタンをクリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング