1日、1メッシ ドリブルを見る!


金色の背景でメッシの画像

最近、寝る前に必ず一度メッシのドリブル動画を見るようにしてから寝ています。

ようするに、メッシがドリブルしているのを見ることで脳の領域と分野を活発にするためです。

他の方がどこまで見えているのかは分かりませんが、私にはかなり細かい部分までメッシの身体の使い方が見えてくるようになってきました。

この脳に焼き付けたイメージをそのままスクールの選手たちと照らし合わせ、そして動きを修正していければ、選手たちのコーディネートも絶対に良くなっていくはずです。

それにしてもメッシのドリブルのキレは凄いですよね… 何故あんなに素早くボールを切り返したり、あんな簡単にゴールを決めたりできるのでしょうか。

今回は、その辺について書いていこうと思います。

メッシのドリブルはアルゼンチン仕込み


アルゼンチンの国旗

もう誰もが知っていることですが、彼はアルゼンチン生まれで、スペインのFCバルセロナで育った誰もが認めるサッカーの天才です。

 

でも、そんなメッシにもバルセロナに入団したばかりは苦難の道のりがありました。

 

入団当初は、体格が小さかったこともあり、1学年下のカテゴリーでプレーしていますし、他のクラブに移籍することを告げられたこともあるそうです。

 

それでもメッシは諦めませんでしたし、父親のサポートもあって、活躍するまでにそれほど多くの時間はかからなかったそうです。

 

この辺については、「カンプノウの灯」という本から知ることができます。

 

ちなみに上記の本は、当時のメッシと共にプレーした選手たち(消えていった選手)を追う内容でもあり、「当時からメッシはメッシだった」と、その選手たちも口を揃えて言っています。

 

当然、幼い頃から今と同じようなドリブルをしていれば、誰だってそのプレーに驚愕しますし、バルセロナのトップに上がって、サッカーのトップレベルの選手になるということが、どれほど大変なことなのかを周囲の選手たちはその時に悟ったはずです。

 

このメッシのドリブルから分かることは、彼のドリブルが相手チームにとって危険(脅威)であることと、自分たちチームにとって大きな武器になること。

 

この素早い切り返しのドリブルを身につけられたのは、アルゼンチンというサッカー強豪国の環境が作り出したといってもいいでしょう。

 

そして、アルゼンチンと言えば、世界的にマラドーナが有名ですよね。

 

私自身も青春時代をマラドーナで過ごしましたし、ワールドカップで応援する国は毎回アルゼンチンでした。

 

特に90年イタリア大会では、深夜まで起きて、リアルタイムでアルゼンチンの行方を見守っていたのを今でもハッキリと覚えています。

 

そして、マラドーナを率いるアルゼンチンを破ったのが、やはり強豪国であるドイツでした。この頃はドイツのサッカーなど全く興味がありませんでしたが...

 

他に、身長170前後で活躍していた「オルテガ、サビオラ、アイマール」といったドリブラーもおりますが、何故かマラドーナの呪縛から抜け出せず、世界トップレベルのサッカーから消えていってしまいました。

 

そして、以前はドリブラーと言えば、マラドーナが代名詞の有力候補だったものが、現在は「和製メッシ」とか言われるようになってきています。

 

少しでもドリブルで活躍すると、メッシの名を付けられてしまいます。

 

ちなみにメッシは、当時のインタビューで「僕はマラドーナではない。リオネルメッシだ!」と発言したのは、まだ記憶に新しいと思います。

 

このように、メッシのドリブルは様々な論争を巻き起こした時期もありました。

 

 

ところで、皆さんはメッシの幼い頃のプレーを見たことありますか?

 

是非こちらに載せておくのでご覧になってみてください。

 

 

どうだったでしょうか?

 

幼い頃からメッシはメッシでしたね!

 

このアルゼンチン仕込みのドリブルが習得できたら最高ですよね!!

 

 

メッシのドリブルの秘密


赤い文字でTOPSECRETのイラスト

もし、皆さんがメッシのドリブルを身につけられたらどうでしょうか?

 

想像してみてください。たぶんサッカーが今よりもっと楽しくなるはずですよ♪

 

私は、世界トップレベルの選手に共通する技能を10年以上前から追い求めています。そして、そこから見出したものをムービレッスンという形で全国の方に提供しています。

 

当然、このムービレッスンの中にはメッシのドリブルに近づく為の技能も含まれています。ですが、先ほどからお伝えしているとおり、「メッシはメッシ」です。残念ながら誰もメッシにはなれません。

 

ですから、私のノウハウを活用して、「新しい自分のドリブル」というものを築き上げてみてください。

 

メッシのドリブルは、メッシの脳と身体がなければ再現はできません。既に与えられた自分の身体がある以上、これは無理な話ですよね?

 

ですから、ムービレッスンで基本となる技能を学んで、そこからメッシのドリブルに見られるヒントを得て、ご自身やお子さんの活動に活かしてみてはどうでしょうか?

 

もしかしたら、将来プロのサッカー選手として「俺はメッシではない。〇〇〇だ!」と言えるような選手になれる日が来るかもしれませんよ♪

 

メッシはドリブルだけでなく、周囲の状況を速く把握する能力も高いですし、ボールのタッチコントロールやコーディネーション能力も非常に高いです。

 

全ての能力を兼ね備えているからこそ、今のメッシがあると思ってください。

 

でも日本にだって幼い頃からメッシのようなドリブルをしている子もいるはずです。それを今の日本サッカーが育てられないだけだと思います。

 

「我こそ(うちの子共)はメッシを超えるサッカー選手になれる!」と思った方は、メッシのドリブルの秘密を伝授しますので、是非とも気軽にご連絡ください。

 

また、ライフキネティックの観点から知り得た情報も加えて、どのようにすればメッシのように成長していけるのかも具体的にお教えします。

 

今の日本サッカーに頼ることができないと感じている方は、今すぐお問い合わせからご連絡くださいね。こうしている間にも、あなたのお子さんは「大切な時間」をどんどん失っていってしまいます...

 

将来の世界を背負って立つドリブラーは、もしかしたら あなたのお子さん かもしれません!

 

 

以上、今回はメッシのドリブルについてお伝えしました。

 

もっと興味がある方は、是非、他の記事にも目を通してみてください♪

 

 

この記事が「いいね!」と感じたら下記のボタンをクリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング