サッカーにおいて俯瞰する能力や見る脳力を向上させる為に、デブライネとピルロの技術を参考にする!


サッカーのスタジアムで試合を上から見下ろした風景

今回は、サッカーにおいて俯瞰する能力や見る脳力を向上させる為に、ライフキネティックの観点からお伝えしていきます。

 

まず俯瞰を調べると、「高いところから見下ろすこと」となっています。

 

ですが、サッカーにおいて「俯瞰する能力」というのは、単純に高いところから見下ろすことではなく、選手がプレーをしている中で「高いところから見下ろすようなイメージで選手の位置や距離を感じられる能力」のことを指して言います。

 

ですので、我々が普段サッカー中継等を見ている時は、プレーをしている選手たちの目線ではなく、カメラが撮影する「高いところから見下ろす映像」を見ています。

 

したがって、プレーしている選手たちと私たちとでは見える風景が違います。

 

サッカーに関するプレーや戦術について色々と意見を述べている方もいると思いますが、カメラ視点で高いところから見下ろして見ているので、実際のプレー場面の複雑さは分からないはずです。

 

こうしたことを踏まえた上で、実際にサッカーコートの中でプレーをする選手たちの目線から、俯瞰する能力見る脳力についてお伝えしていきたいと思います。

 

サッカーにおいて俯瞰する能力や見る脳力とは


LEGOの家や人などの画像

私のイメージで「俯瞰する能力」を簡単に説明すると、その場から見た時の「奥行きといった空間的な認識力」だと思います。

 

ですので、上記の画像のようなLEGOブロックを参考にすると良いかもしれません。

 

この画像を見た限りでは、奥に隠れているブロックがどのように細かく組み立てられているかまでは分かりません。

 

ただし、細かい部分の組み立てを除いて、真上から見たイメージでならば何とくなくブロックの配置が把握できそうです。

 

このように私たちは、ある何かの基準に従ってイメージする能力を持っています。

 

正確に画像と同じようにブロックを組み立てるということは別にして、何となく家の壁の位置や幅などが見たイメージから推測できます。

 

では、何故このようなイメージする能力が私たちには備わっているのでしょうか?

 

この能力は、私たち人間だけが特別に持っているわけではなく、動物たちも持ち合わせています。

 

ライフキネティックの体験会などで、こうした能力をお伝えする時に、チンパンジーが一瞬だけ映し出された数字を1~9まで当ててしまう実験場面の動画があります。

 

これを人間が同じように行おうとすると、一般の人であれば1~3あたりが限界です。

 

しかしチンパンジーは、一瞬だけ映し出された1~9もの数字を躊躇もせず、ほとんど間違いなく正解することができます。

 

多くの方は、俯瞰する能力は高いところから見下ろすようなイメージだけの能力と思っているようですが、このチンパンジーのように位置と数字を記憶する能力も同時に必要です。

 

以前とある番組で、バルセロナに所属していた頃のシャビにカメラを装着してもらい、どのような視野で周囲を見ているのかを科学的に検証していたことがありました。

 

確かカメラは頭に固定されていたと思うので(眼球の動きまでは分からなかったのではないかと思います)、瞬時に周囲を見て、その瞬時に見た記憶とイメージを元に、選手たちの位置や距離を割り出しているようでした。

 

たぶんシャビがプレーしている時の脳をもっと詳しく調べれば、その領域が他の人よりも明らかに違うのではないでしょうか。

 

何故このようにシャビは、他と同じような目線で周囲を見ているのに、俯瞰する能力が高いのでしょうか?

 

ジュニア年代のサッカーを見ていると、見えてはいるけどパスが通らない、イメージできているけどタイミングが悪いといったことでパスをミスしてしまう場面が時々見られます。

 

これは、見えていてもパスを出す技術が無かったり、イメージができていても(味方や敵の位置、動きが予測できず)良いタイミングでパスを出せなかったり、といったことが原因でパスが通らないことがあります。

 

ライフキネティックで、これらの俯瞰する能力を向上させるエクササイズをすると、実は大人よりも子供たちの方が奥行きや空間的な認識が優れていることがあります。

 

私が行っているライフキネティック・サッカースクールで、このエクササイズを行った時に、他のエクササイズでは周囲の子よりも劣っていたのに、こうした瞬時の記憶、奥行きや空間的な認識をイメージできてしまう子がいます。

 

このように考えると、「見えていても技術が無いことによってパスが通らない場合」、「見えていても良いタイミングでパスを出せない場合」、「見えていないのに適当にパスを出してしまう場合」があります。

 

ですから、「パスが通らなかったから見えていなかった」とか、「パスを出したから見えていた」と指導者や保護者が勝手に思い込むのは、ある意味危険です。

 

どうすれば俯瞰する能力や見る脳力を向上できる?


カラフルな1から9までの数字がバラバラに書かれているイラスト

先ほどお伝えしたチンパンジーの実験がヒントです。

 

ただ単に、上から見下ろすようなイメージを持つだけでは、それをサッカーで活かすことはできません。

 

瞬時に見たモノを記憶する短期記憶(ワーキングメモリーまたは作業記憶)、奥行き等を含めた空間的な認識力、そして見たモノを正確に捉える集中力、更に右目と左目に能力差が無いこと。

 

他にもまだまだ必要な能力はあります。

 

左右の目は互いに使っている脳の領域が違う為、左右で見える視野の広さも違えば、モノを認識する能力も違います。

 

例えば、右後方はそれなりに見えるが、左後方は右後方よりも見にくいなど。

 

それから、眼球を固定したまま頭だけを振って見ようとすると無駄が多くなる。そのためにも、左右の眼球をしっかりと使えるようにするエクササイズが必要。

 

左右の目を開いてモノを見続けなければイメージできないというのは大間違いで、目を閉じても脳はイメージできる。

 

と、こんな感じで一概に「これだ!」というエクササイズ方法はありません。

 

様々な分野や領域を複合的にエクササイズしていくのがライフキネティックであり、それらを週1×12回で1クールとして行っていきます。

 

当然、参加者と対面形式で行い、本人の「弱み」や「強み」をトレーナーが判断し、その都度エクササイズの難易度を調整していくことが重要です。

 

したがって、上記以外のやり方は「正規のライフキネティック」ではありません。

 

俯瞰する能力や見る脳力が参考になるサッカー選手


各ヨーロッパの国旗が並んでいるイラスト

それでは、ここで私がいつも見ている選手の動画をご紹介します。

 

まずはベルギー代表のデブライネです。

イングランドプレミアリーグ・マンチェスター・シティFC所属。

ポジションはMF。

 

 

我々が高いところから見下ろして見ているのに、彼は「そこに出すの?」という所にパスをする選手です(汗)

 

彼と同じ高さの視線で見ているとしたら、我々はここまで見えないでしょうし、これほど上手くパスを出すこともできないでしょうね...

 


 

次は、元イタリア代表のピルロです、

ユベントスからアメリカのニューヨーク・シティーに移籍し、その後に引退。

ポジションはMF。

 

 

彼はパスだけでなくキープ能力も高く、ボールを受ける際の判断も最高に良いです。

 

何故こんなに技能が高いのでしょうかね...

 

ボールを蹴る質の高さも他とは別格ですよね。

 


 

以上、私のお気に入り 俯瞰する能力や見る脳力が参考になるサッカー選手 です♪

 

この記事が「いいね!」と感じたら下記のボタンをクリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング