サッカーとゴールデンエイジの関係性について。効果的なトレーニングとは?

今回は、ライフキネティックとサッカー、および、ライフキネティックとゴールデンエイジの関係性についてお伝えしていきます。

 

まだまだ知名度が低いライフキネティックとサッカーの関係性、それから皆さんご存知のゴールデンエイジとの関係性に触れていこうと思います。

 

この記事を読めば、サッカーの育成におけるゴールデンエイジ期までに、どのような活動や取り組みをすれば、より効果的なのかが分かってくるはずです。

 

 

①ライフキネティック?

私がライフキネティックの存在を知ったのは、元ドイツ代表のクリンスマンが監督としてドイツ代表を率いて少しずつ結果を出してきた頃でした。

ですから、皆さんよりもかなり前からライフキネティックの存在があることを知っていました。

当時、クリンスマンはアメリカ代表の監督もされていたことがあり、その当時、「ライフキネティックはアメリカで考案された運動プログラム」だと思っていました...

ドイツの国旗を持った大勢の観客たちの風景

しかし、月日が経つにつれてインターネットやサッカー専門誌などでもライフキネティックが徐々に紹介されるようになり、「この理論を学びたいな」と考えていたところ、都内にライフキネティック日本支部の存在があることを知りました。

「これは何がなんでも受講しなければ!」と思い、すぐさまライフキネティック日本支部のサイトから体験会に申し込むことにしました。

ちなみに、サッカーにおけるライフキネティックですが、もう既に何度も紹介しているので皆さんもご存じだと思いますが、初めてサッカーにライフキネティックを取り入れたのは現在リバプールを指揮するクロップ監督でした。

ここでようやく私は、ライフキネティックはアメリカではなく、ドイツから誕生したということを初めて知りました。

更に、クロップ監督によるサッカーの活動が加わることで、ドイツ国内でライフキネティックが高く評価されるようになっていき、当時のドイツ代表クリンスマン監督が取り入れたというのが実際の流れのようです。

ですから、これまで何度もお伝えしているように、ライフキネティック自体はサッカー専用のトレーニングではなく、ドイツ国内の様々な機関で検証され、立証データもある優れた運動プログラムだということをまずは念頭においてください。

ドイツ国内では、個人のスポーツ選手から始まり、そしてドイツ代表選手たちがライフキネティックに取り組むようになり、現在では「一般企業」や「国公立の学校」でも取り入れられるようになっています。

このように、私たち日本人が見えていなかったドイツの取り組みですが、もしかするとライフキネティックが近年のドイツサッカーの発展を陰で支えてきたのかもしれません。

そうと分かれば、次は「ゴールデンエイジ」と「ライフキネティック」の関係性について考えていかなければいけませんよね。

②ゴールデンエイジとライフキネティック

脳の神経細胞(シナプス)の画像

多くのサッカー関係者が口にし、よく耳にするゴールデンエイジ理論。


ある年齢になるまでに、必要な能力を兼ね備えることで、ゴールデンエイジ期に差し掛かった時に「即座の習得」という能力を発揮する


と言われています。

確かに理論上は、そのようになるグラフやデータがあるのは分かります。

ですが、誰もがそのグラフやデータと同じようにゴールデンエイジ期が訪れるわけではないようです。

これは、千差万別(学習には個人差が関係しているから)です。

皆さんは、このゴールデンエイジをどのように感じていますか?

これだけ多くの子供たちがいるのに、そのグラフ通りに成長している子が実はそこまで多くない気がしますよね...

これは私も理解するのにかなり苦労しました。だって、ゴールデンエイジ期というものが存在しているにも関わらず、その時期に急成長できない子の方が多いのですから...

そこで私は、自身が精神科に勤めているという立場でもあったので、脳が発達していく仕組みについて学びたい!と本気で考えました。

ですから、ゴールデンエイジとライフキネティックの関係性は、その違いが分からない人たちにとって非常に厄介なものになります。

赤いクエッションマークを丸く囲む複数の人形の画像

ではここで、この2つの理論の違いを簡単に説明したいと思います。

まず、ゴールデンエイジ理論は、

こんな感じの範囲内で運動能力や神経系が発達しますよ。ですから幼い頃から運動能力や神経系を発達させることをしておきましょう。

これに対して、ライフキネティックは、

既に様々な機関で立証されたデータがあり、『常に新しい課題』を遂行していくことで、『単純な繰り返し作業』よりも効率的に身体に指令を出す脳をバージョンアップさせることができる。

どうでしょうか?

全く違った意味合いを持つ理論ですよね。しかもこの2つの理論は同じドイツの運動学者が考え出した理論です。

つまり、ゴールデンエイジは、多くの育成年代の発達段階をデータ化した理論であったのに対し、ライフキネティックは、既に様々な機関で科学的に検証されている理論ということになります。

ということで、ゴールデンエイジは「何となくハッキリとしない理論」であるのに対して、ライフキネティックは「やれば効果が得られる理論」と解釈できるのではないでしょうか。

先ほどの「学習の個人差」について知りたい方は、下記の記事で更に詳しく解説していますので、是非ご覧になってみてください。

ライフキネティックを体験しよう!配信動画で学ぶ3つの要素。

サッカー補欠とレギュラーの差。実は学習の個人差だった

③ライフキネティック・トレーナー

人間全体が入ったライフキネティック公式ロゴ

こうした経緯から、私はライフキネティック・パーソナルトレーナーになることを決意しました。

 

本気で子供たちの育成を考えていくのであれば、確かにゴールデンエイジ理論も大切ですが、私はライフキネティックの理論の方がもっと大切だと思いました。

 

「この子(選手)たちを、もっと効率的に上達させるにはどうしたら良いのか?」

 

これは長年サッカーの指導者をしてきた人なら、一度だけでなく何度も考え、そして悩む部分ではないかと思います。

 

でも今は昔と違って、手を伸ばせばそれを掴み取ることができるようになってきている時代です。

 

我々のような昭和世代は、まさか将来スマートフォンやタブレットといった端末を指でタッチして使用するなど考えもしなかった...

それが今は現実として存在しています。

 

これは電化製品や電子機器だけの話ではありません。

 

しっかりと研究者たちは、人間の脳の仕組みについても長年の歳月をかけて科学的に検証しています。

 

カラフルな脳の画像

 

そして、「昔はそう思われていたが、実はそうではなかった」という話がこれまで私たちが生きていく中で何度あったでしょうか?

 

ここまで記事の内容を読まれて、まだゴールデンエイジ理論のみにこだわってしまうというのは、正直ライフキネティック・パーソナルトレーナーとして残念です。

 

既に、サッカー日本代表で活躍されていた長谷部選手や長友選手も、自身が運営しているサッカースクールでライフキネティックを取り入れています。

 

少しずつではありますが、プロのサッカーJクラブでもライフキネティックを徐々に取り入れるようになってきました。

 

たぶん数年後には、サッカーだけでなく日常生活の中でライフキネティックが当たり前になってくる時代が必ず来るはずです。

 

そうなってから導入するのか、それとも今から取り組んで周囲に差をつけるのか、それは「皆さん」もしくは「あなた」次第だと思います。

 

黒い背景でガッツポーズをするサッカー選手

 

脳を変化させる為には、「練習の時間と量」が大切だと言われています。

そして、それを実現する為には、本人の「やる気」と「行動」が関係しています。

 


ライフキネティックの波は、東京も含め、西日本方面にも向かっています。

 

是非この機会に、ライフキネティックという運動プログラムの存在を知り、お子さんや選手たちのトレーニングに取り入れてみてください。

 

なお、ドイツ本部より、ライフキネティックに関する規約として、新たな追加事項(下記の記事を参考)が加わることになりました。

インターネット上で、ライフキネティックと称したエクササイズの方法等が一部紹介されておりますが、これは正規のライフキネティックではありません。

ライフキネティックのエクササイズをインターネット上や動画(YouTube等)で提供してはならない

 


いかがだったでしょうか?

 

今回は、サッカーおよびライフキネティックとゴールデンエイジの関係性について記事を書いてみました。

 

「何故ライフキネティックに専門のトレーナーが存在しているのか?」も徐々に分かってきたのではないでしょうか?

 

当スクールでは、毎週火曜日16時から東京国立市内で「ライフキネティック・サッカースクール」を開催しています。

 

こちらの体験参加も随時募集しております!

 

こちらの「ライフキネティック・サッカースクール」について質問や疑問等があれば、下記の「利用についてのお問い合わせ」より気軽にご連絡ください♪

 

この記事が「いいね!」と感じたら下記のボタンをクリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング