サッカーの膝抜きとLSD。そのやり方とは?

今回は、「サッカーの膝抜きとLSD。そのやり方」をお伝えしていきたいと思います。

最近、色々と個人的に考えることが多くなってきました。

「自分がサッカーという活動を通して、周囲から評価を得る為には何が必要なのか?」

そこで私は、今後「自分から与える立場になろう!」と決意しました。

 

その与える内容についてですが...

 

当然、これまで私が培ってきた「サッカーが上手くなる為の知識や情報の数々」です。

 

 

パソコンで作業をする男性の画像

 

今まで、私がサッカーを通して関わった多くの方から得た知識や情報、そしてサッカーの気づき、それらをこちらのブログを通して皆さんに随時提供していく予定です。

もしかしたら、世の中には私のように古武術からヒントを得て、膝抜きやLSDを取り入れようとする人がいるかもしれませんし、そのやり方を知りたいと思っている方もどこかにいるはずです。

 

たぶん、どこかにはいますよね(汗)

 

ですので、こちらのブログを日々チェックしていただいて、皆さんの今後のサッカー活動に、是非、役に立てていただけたらと考えています。

そこで今回は、初回となる情報を伝える活動として、地面を蹴らない動き出しを実現する為の「LSD」についてお伝えしたいと思います。

 

①膝の抜きとLSD

ランナーの足元を写した画像

たぶんほとんどの方がやらない、やっていない活動の1つが、今回ご紹介する「LSD」です。

このLSDですが、 Long・Slow・Distance の頭文字を取っています。

 

日本語に略すと「長い距離をゆっくりと」という意味になります。

 

つまり長い距離をゆっくりと走ることで、サッカーで有利になる為に地面を蹴らない動き出だしを身につける活動をしていきます。

サッカーにおいて、100m走のような「直線的に長い距離を速く走る能力がそれほど必要では無い」というのを多くの方は既に知っているはずです。

もし、上記のような能力でサッカーが有利になるのであれば、サッカー選手の多くが「陸上選手と同じ能力さえあれば誰でも活躍できてしまう」ことになりますからね。

これまでに日本国内のサッカー選手にも「足の速い選手」は大勢いました。しかし、その能力を持ってしても、世界トップレベルで活躍している選手があらわれないというのは不思議ですよね。

海外であれば元ブラジル代表のロナウドやポルトガル代表のC・ロナウド、他にもレアルに所属するベイルなどが足の速い選手だと言われていますが...

 

Cロナウドの画像

 

でも実際に彼らのプレーを見ていて、「日本人選手には無い何か」を皆さんは率直に感じたことないでしょうか?

 

サッカーには「一度止まる動きをしてから次に動き出す」という複雑な動きがあります。

先ほど紹介した海外のトップレベルの選手たちは、この「一度止まる動きをしてから次に動き出す」という動きが非常にスムーズだというのが分かります。

ですから今回は、当時の私が身につけたサッカーの膝の抜きについて、これまで追求した内容を特別にお伝えしていきます!!

 

②膝の抜きとLSDについて考える

サッカーで相手とボールを奪い合う画像

LSDと言っても、そのLSDの「やり方」や「用途」および「考え方」は様々です。ですから、ここではもう少し膝抜きやLSDについて深く考えてみようと思います。

疲労を早く回復させる為にクールダウンとして行うこともあるでしょうし、私のように「動き出しで地面を蹴らないように走る為の活動」として行うこともあります。

そして私の場合、どちらの要素も兼ねた活動をしていました。どのような活動かというと、サッカーの試合や練習後に訪れる「筋肉痛」を基準に考えて行いました。

これは、サッカーの試合や練習で「使われた筋肉がどの部分なのか?」を知る活動でもあり、更に使われている筋肉が徐々に変化していくのを感じる(自分の身体に問いかける)活動でもあります。

そのため、「筋肉痛を感じられる年代」でないと、今回の内容を理解することはちょっと難しいかもしれません。高校生あたりになれば、レギュラーになる為に...とか、試合で活躍する為に...といった理由で、この辺のことに興味を持つ選手も出てくるようです。

当初は地面を蹴らないということは「足で地面を蹴らないこと」、しかしこれを意識しすぎるああまり、動き出しの場面で「地面を押す動き」が中心になってしまいます。

そのため、走っているという感覚があまりなく、逆に地面を押すことで違った筋肉部分に疲労を感じるようになってしまいました。

後になって、この感覚は間違いだったということに気づきます...

③膝を抜くことで得られる感覚

親子3人で坂道を下る画像

 

皆さんは、徒歩で「山や坂道を下る」という体験をしたことが1回くらいありますよね?

 

幼い子共が坂を下ると危険なのはご存知でしょうか。
一度イメージしてみてください。

 

私は子育てをした父親でもあるので、下り坂でブレーキをかけられずに転倒する自分の子供の姿を今まで何度も目撃してきました。

 

我々も意識すればブレーキをかけずに坂を下ることが可能です。その代わり、徐々に足の回転スピードが上がってしまい、急に足を止められなくなるので非常に危険です。

 

でも実は この感覚が通常時の動き出しに必要 なのです。

 

下り坂でブレーキをかける時に足のどの辺の筋肉を使っているのか。もし下り坂ではなく上り坂ならば、どの辺の筋肉をどのように使うのか。この辺のことを自分の身体を使って問いかけていく必要がありました。

 

もしあなた自身に「地面を蹴る」とか地面を踏ん張る」といった感覚しか無いのであれば、上記のように坂を下る、坂を上るという動きが「非常に疲れる動き」になります。

 

3人が大きなバックを背負って登山をしている風景

 

そして、こうした活動を日々繰り返していくことで、次第に膝を抜くという感覚が得られるようになっていきました。

 

これはとてもとても地道な活動です。

 

そのため私は、ムービーレッスンやサッカースクール等で選手たちにこの活動を強制したことは一度もありません。

 

あくまでも提案です。

 

そもそも「向上心がある選手というのは、こうした地道な活動を自分から進んで行う」ことができるからです。

 

こうして私は「膝を抜く感覚を得ることに成功した」ことで、その後のサッカーの技能習得が今までよりも楽になっていきました。

 

そしてこれが古武術で言われている「ナンバ」を知るキッカケになりました。

 

ナンバと言えば、世界選手権200m銅メダリストの末續慎吾選手が有名でしたよね。

 

次回、その辺のことについて、私が知り得た知識や情報をお伝えしていきます♪

 

続く...

 

この記事が「いいね!」と感じたら下記のボタンをクリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング