国立市の判断力が向上するサッカースクールご紹介!

現在活動している国立市のライフキネティック・サッカースクール(立川/国分寺/府中/埼玉)をご紹介したいと思います。

新学期が始まり、新しい生活環境に慣れてきたら、少しずつ習い事を始める機会も増えていくと思います。

そこで今回は、国立市近辺(立川/国分寺/府中/埼玉)でサッカースクールを探している方を対象に、ライフキネティック・サッカースクールで何が学べるのかをお伝えしていきます。

また、ライフキネティック・サッカースクールでは、どのようなトレーニングを行っていて、どのような目的や目標を持って活動をしているのかを、是非この機会に知っていただければと思います。

 

①ライフキネティック・サッカースクールで学べること

大勢の子供たちがいる中で個人的にコーチからサッカーの指導を受けている場面

それでは初めに、ライフキネティック・サッカースクールで、どのようなことが学べるのかを具体的にお伝えしたいと思います。

こんなことが学べます♪

1.ライフキネティックを活用して判断力を向上させる

2.サッカーの技術コーディネーション能力を向上させる

3.フットサルを導入して、個々の技術を高める

それでは各項目について、詳しく解説していきます!

1.ライフキネティックで判断力を向上させる

まだまだライフキネティックという言葉を耳にしたことがない方もいらっしゃると思いますが、当サッカースクールではドイツ本部公認ライフキネティック・パーソナルトレーナーが、全てのトレーニングを作成し、スクールを利用している選手たちに各種エクササイズを提供しています。

 

理論的なことをインターネット上でお伝えするのは規約違反になってしまう為、ここに載せることができる範囲内でご説明させていただきます。

 

サッカーにおける判断力とは何か?

 

ただ判断力を高めると言われても、あまりサッカーを知らない親御さんにとっては、何を判断するのか分かりませんよね。

もう少し分かりやすく説明します。

 

サッカーの試合では...

相手選手の動を見る

味方選手の動きを見る

動いているボールを見る

空いているスペースを見る

相手ゴールを見る

周囲の状況に合わせて身体を動かす

 

といったことが頻繁に行われています。

 

これを車や自転車の運転に例えると?

歩行者や対向車を見る

信号機や標識を見る

バックミラー・サイドミラーを見る

周囲の状況に合わせてハンドル・アクセル(ペダル)・ブレーキを操作する

 

このようなことを私たち大人は普段から無意識にしています。

 

私たち大人なら、車や自転車を運転する為に、上記のような判断力が必要!というのがすぐに分かるはずです。

最近、高齢者などの事故が多発しているのは、この判断力が若い頃に比べて衰えてきていることが原因であると言われています。

したがって、この判断力を向上することができれば、状況判断を誤るとか、運転操作を誤るということが起こらなくなっていくはずです。

しかし、こんな当たり前で単純なことが、高齢者に近づいていくと素早く判断できなくなってしまい、左右のアクセルとブレーキを間違えてしまったり、ドライブとバックのギアを入れ間違えたりして、重大な事故を起こしてしまいます。

 

では、育成年代のサッカーではどうでしょうか?

 

先ほどあげた相手選手や味方選手を見るとか、プレーに合わせて身体を動かすとか、そうした全てのことをプレーの中で一度に素早く判断して、それに合わせて選手たちは対応しなければいけません。

特に、脳神経の発達段階である育成年代にとっては、かなり難しい運動スキルと言えるのではないでしょうか。

 

「何でそんなこともできないの!」

 

このようにイライラしてしまう親御さんの気持ちは分からなくもないですが、プレーをしているお子さん自身にとって、上記のような状況を判断をする時に、何を優先して判断すれば良いのかが理解できていません。

つまり、目から入ってくる情報が多くなればなるほど、その選択肢(判断)は多くなっていき、どのような優先順位をつけて処理をすれば良いのかが分からなくなってしまいます。

 

キーポイント!

・目から入る情報が多くなると、選択肢も多くなる

・どのような優先順位をつければ良いのか分からない

この2つを脳で素早く判断できるようにすることが大切!

 

これは、先ほどお伝えした高齢者が事故を起こす際の車の運転と非常によく似ていますよね。

 

では、事故を未然に防ぐ為には、どのようにしたら良いのでしょうか?

 

そうです!

たくさんの情報を一度に素早く判断できる能力(判断力)を高めれば良いのです。

 

当サッカースクールでは、サッカーにおける目から入るたくさんの情報を一度に素早く判断(2つ以上のことを同時にできるように)する為に、ライフキネティックという運動プログラムを活用しています。

もし、ライフキネティックを初めて耳にした!という方は、下記の参考記事を是非ご覧になってみてください。

 

 

なお、2019年6月より、ライフキネティック日本支部のアンバダサーに、サッカー元日本代表の小倉隆史氏が就任しました♪

ライフキネティックが、どのような運動プログラムなのか、少しずつ興味が湧いてきたのではないでしょうか。

 

2.サッカーの技術とコーディネーション能力が向上する!

マーカーやパイロンを使ってサッカーのトレーニングをする少年

さて次は、ライフキネティック・サッカースクールで習得できるサッカーの技術とコーディネーション能力についてお伝えしたいと思います。

たぶん、他のサッカースクールでも、サッカーの技術やコーディネーション能力(身体の使い方)の指導はしているはずです。

しかし、先ほどからお伝えしているように、当サッカースクールではライフキネティックという運動プログラムを導入しています。

既に、参考記事に目を通した方なら、どのような経緯でライフキネティックがサッカー界に広がっていったのかがご理解いただけると思います。

なお、2019年6月に開催された欧州チャンピオンズリーグ決勝において、優勝したリバプールを指揮するクロップ監督が、このライフキネティックをサッカーに一早く取り入れてたことで有名です。

このライフキネティックに期待できることですが、先ほどの判断力のみに限らず、サッカーの技術とコーディネーション能力を高めることが、様々な研究機関で科学的検証データとして報告されています。

では、その一部をこちらでもご紹介させていただきます♪

 

以下、ライフキネティック日本支部 公式サイトを参考に記載しています。
https://lifekinetik.jp/effects-2

 

こんな効果が期待できます♪

【アスリート(プロ・アマチュア/スポーツ全般)】

・スポーツ競技のパフォーマンス向上

・スポーツシーンでの動体視力反応速度の向上

 

【幼児・生徒・学生】

学習能力の向上

集中力の向上

・子供の創造力を開発

 

【全ての人に共通】

記憶力低下の予防

ミスの減少

ざっとあげただけでも、こんなに多くのことが期待できます!

 

こうした効果を得る為に!

ライフキネティック・パーソナルトレーナーが、各選手たちと直接対面しながら、それぞれの強みや弱みを随時観察して、適切なタイミングで様々な課題を与えつつ、的確なアドバイスをしています

 

なお、サッカーの技術とコーディネーション能力を高める為には、先ほどお伝えした目から入る情報が非常に大切だと言われています。

 

親御さんからの質問で、

「技術はあるのだけれど、それを試合の中で上手く使えていない…」

といった相談が、かなり高い頻度であります。

 

どうしてこのような状態になってしまうのかというと、

試合で技術が使えない原因!

たくさんの情報が目から入ってしまい、

それが身体の各部位にスムーズに伝わらない

こうしたことが、一番の原因だと考えられます。

 

ですので、こちらで開催しているライフキネティック・サッカースクールでは、試合の時と同じような負荷を脳に与えて、試合でも普段の時と同じようなパフォーマンスが出せるように各種エクササイズを提供しています。

こうした取り組みを継続した結果、リフティングを苦手にしていた選手が、自宅でリフティングの練習を全くしていないのに、週1回のスクールだけでリフティング回数が増えただけでなく、同時にタッチコントロールも向上しているという成果が出ています。

つまり、これは練習の量時間によって得られた効果ではなく、常に新しいトレーニングで脳を変化させた効果だと言えます。

 

少しややこしくなってしまったので “まとめ” ます。

 

まとめ

・学習(シナプス形成)は、脳が新しい刺激を受けることで起こります

学習は変化からであって、繰り返しからではありません

※学習を運動スキルに置き換えて理解してみてください。

 

このように、ある学習で新しい運動スキル(技術やコーディネーション能力)を習得する為には、新しい課題(トレーニング)による変化によって、効率的に運動スキルを習得することができるとライフキネティックで論じられています。

こうした専門知識を持っているのが、ライフキネティック・トレーナーであり、それらを一般に提供することができるのも資格を持つトレーナーのみとなっています。

 

サッカーの技術やコーディネーション能力に関しては、どこのサッカースクールに通っても、それほど大きな差はないと思います。

大切なのは、その技術とコーディネーション能力をどのようにして習得していくかという過程の中にあります。

どんなにサッカーが上手い指導者(元プロ選手)であっても、選手たちの個人差をどうこうすること(意図的に操作)は絶対にできません。

そのため、この学習(運動スキル習得)の個人差が一番厄介だと言われています。

 

 

少し長くなってしまいましたが、当スクールでは、こうした運動プログラム理論を活用して、サッカーの技術とコーディネーション能力を向上できるように指導しています。

つまり、ドイツ国内のサッカーでは、ライフキネティックを知ることが、サッカー上達への近道だと考えられています。

 

3.フットサルで個々の技術を磨く!

少年たちのフットサルの試合風景

ここまでは、ライフキネティックを活用したトレーニングをお伝えしてきました。

そして、ここから先は、私の持つ特別な技術コーディネーション能力についてお伝えしていきます。

まず、結果から言いますと、当サッカースクールから某プロフットサルクラブのジュニアユース下部組織のセレクション合格者1名出すことに成功しています。

 

「サッカースクールなのに何故フットサル?」

 

たぶん、このように思った方もいるでしょうが、フットサルにはサッカーに必要な技術とコーディネーション能力を高める要素が多く含まれているのをご存知でしょうか?

当スクールでも、フットサルの技術とコーディネーション能力をトレーニングの中に取り入れています。

まだ、フットサルに慣れてない選手がほどんどなので、上手くそれらの運動スキルを使いこなせていないというのが現状です。

しかし、サッカー大国であるブラジルで育ち、更に世界で活躍している選手たちを見てみると、多くの選手が幼い頃からフットサルで技術とコーディネーション能力を高めていたという過去があります。

 

ネイマール、ロナウジーニョ、ロビーニョ、ビニシウス…

 

こうした世界的に有名な選手たちが、

「フットサルでサッカーに共通する技能を高めた」

と話しています。

 

ですから、フットサルを取り入れる重要性というものが、このことからも十分理解できるはずです。

私自身も、過去に社会人リーグで、スペインに留学をしていたフットサル選手と技術を競い合っていたことがあり、そうした中で、フットサルで使われる多くの技能を学ぶことができました。

 

ただし、今回の記事では、それがどのような技術や能力なのかは、あえて説明しません。

是非、スクールの体験会に足を運んでいただいて、実際にそれを体験してください♪

でも、さすがにこの説明だけでは、あまりにもお粗末すぎると思いますので、下記に少しだけ一例を載せておきます。

 

フットサルで習得できる技能!

足裏を使ったボールコーントール技術

軸足効果的な使い方

身体バランス感覚の向上

ボールキープ能力の向上

 

このように、頭に思い浮かんだことを少し書いただけですが、フットサルにはサッカー上達に関係している要素がたくさん含まれていると思いませんか?

 

これらを更に、ライフキネティックのエクササイズを用いて、

新しい課題を与えて常に変化させる

ことによって、各運動スキルを効率的に習得していきます。

 

育成年代におけるフットサル人口は、ここ数年で飛躍的に増えています。

世界で活躍しているサッカー選手たちが、幼い頃にフットサルを取り入れていたこともあり、それを見習って、日本国内の育成年代でもフットサルを取り入れるようになってきました。

もし、まだフットサル未経験ならば、当スクールで私たちと一緒にフットサルを楽しみながら、サッカーの技術やコーディネーション能力を高めてみませんか?

 

②サッカーをしながら学力も向上!

小学校でパソコンとプロジェクターを用いて授業を行っている風景

このライフキネティック、実はドイツ国外でも様々な検証がされています。

まずはオーストリアです。

マークグラーフノイジーデル小学校におけるクラス内のライフキネティックによる学力変化を検証したところ...

(ライフキネティック日本支部公式サイトを参考にしています)
https://lifekinetik.jp/scientific-studies-2

注目!

・平均的に読む能力62%改善した

能力の低かった児童では能力が非常に上がった

・もともと読む能力が高かった児童もそれらを上回った

このような検証データが実例としてあります。

何故、これほどまでに学習能力(学力)が向上するのでしょうか?

それは、常に新しい課題に取り組むというところに秘密があります。

脳の神経細胞は、繰り返しの単純作業ではなく、常に新しい課題に取り組むことで、脳が活性化していくと最近の研究で解明されてきています。

これは、短期記憶ワーキングメモリー(作業記憶)とも深い関係があります。

そして更に、見るという機能については、脳の中の領域や分野が複雑に分かれており、その見る対象物(内容)によって、脳の特定部分が活発に活動しているのだそうです。

(これについては、後ほど別の記事で動画等を紹介しながら説明したいと思います)

とにかく、人間の脳は複雑であり、それゆえに、これからの科学の進歩によって、様々な機能が徐々に明らかになっていくはずです。

でも、まだ脳には解明されていない部分がたくさんあります。

「何となくこの辺の分野は、この機能かな?」

といった曖昧な表現でしか説明できないものがほとんどです。

このライフキネティックを考案したホルスト・ルッツ氏という方は、これを長年の研究で、

「こういう活動で、この辺の機能や領域・分野が発達していく!」

ということを科学的な検証データとして発表しています。

ライフキネティックには、まだこうした不確実な要素もあります。

しかし、多くの研究機関で検証され、必ず効果がある!といったエビデンス(証拠や根拠)がある運動プログラムが、現在の日本国内を探してもそれほど多くはないはずです。

特に私は、精神科病院で15年間、リハビリ部門において認知機能を専門として活動していたので、そのように感じてしまいます。

③国立市で世界トップレベルのサッカー選手を育てる!!

ソックスをおろした複数のサッカー選手たち(下半身のみ)が円になってミーティングをしている風景

どうせやるなら私は、

世界トップレベルのサッカー選手

を育てていきたいです!

このライフキネティックという運動プログラムには、その可能性が十分あると私は強く感じています。

まだライフキネティックが、どのようなものなのか理解に苦しむ…という方は、気軽にスクール体験会に参加してください♪

体験会の詳細について

・毎週火曜日

・16時15分~18時15分まで

各自サッカーボールを持参

着替えや飲料は、各自お任せしています

・その都度必要な時に、縄跳び等も使います

上記のような内容で開催しています!

国立市から世界トップレベルのサッカー選手が育ったら凄いと思いませんか?

④まとめ

今回は、ライフキネティックの要素を踏まえながら、国立市で活動中のライフキネティック・サッカースクールの内容を簡単に説明させていただきました。

 

今は、まだ目標とする活動の準備期間という状況です。

 

スクールの活動場所は国立市内ですが、その時の天候状態や参加人数等によって開催する場所が変わってしまう為、当日のスクール活動場所は、その都度メールまたはLINEグループにて参加者にお伝えしています。

 

今後も、定期的にライフキネティックサッカースクールの開催を体験会も兼ねて行っていきます。

もし、国立市近隣の方で、ライフキネティックも含めて興味がある!という方は、下記のお問い合わせから気軽にご連絡ください♪

 

現在、クラウドファンディング(ファンクラブ)を準備しています。

既に、ライフキネティック日本支部およびCAMPFIREから、クラウドファンディングにチャレンジする為の承認が得られました。

 

 

より多くの方に、我々の活動を知っていただき、ご支援ご協力をいただきたいので、皆様のSNS等で拡散していただけると助かります♪

 

間もなくチャレンジを公開します!

是非、皆様のご支援ご協力を宜しくお願い致します!!