サッカー育成問題について。日本は内容重視ではなく結果重視になっている?

小さな子供たちが円になってコーチを囲みハイタッチをしている風景

今回は、日本サッカーの育成問題についてお伝えしていきます。

 

よく最近になって耳にするのが、サッカーの試合内容ではなく、試合に勝つ為だけの結果を重視した育成が育成年代で問題視されています。

 

試合内容を重視した育成と、試合に勝つことを重視した育成では、どのような違いがあるのかを私なりにお伝えしていこうと思います。

 

サッカーの育成問題について


例えば、算数の問題やマークシートの問題で、正しい答えが導き出せずに適当に「3」という数字を解答欄に記入したとしましょう。

 

ここで問題を解く方法は知りません。

でも結果的に問題には正解しました。

 

私は、これが日本サッカーの育成の現状(問題)だと思います。

 

課題や問題の大切な部分(内容)を見過ごしてしまって、足の速さや身体能力といったフィジカル面だけで、その課題や問題とされている穴(分部)を埋めて(無かったことにして)しまう傾向があります。

 

そのため、成人になった時に世界トップレベルの選手たちに自分で考えて判断するという「判断力」の部分で負けてしまいます。

 

世界トップレベルのサッカーには、高いフィジカル能力を持った選手が当たり前のように存在しています。でも、そうした高い能力を持った選手たちでも、自分で考えて判断する能力をクラブで用意されたトレーニングで鍛え、それを試合の中でフルに出しているというのがあります。

 

幼い頃からフィジカル重視で、試合内容を無視したサッカーが育成年代にとって、どれほど危険なのかを様々な観点から考えていきたいと思います。

 

フィジカル重視と結果重視のサッカー


サッカーの試合で激しくボールを奪い合う下半身だけの画像

世界トップレベルの育成というのは、その年代におけるサッカーの課題や問題部分を丁寧にクリアしていけるように指導または育成しています。これにより、数多くいる育成年代の選手たちの中から将来有望とされる選手や活躍できる選手が誕生しています。

 

当然、日本サッカーにも良い選手がたくさんいるのは事実です。

これを私は否定しません。

 

しかし、いざ海外のクラブに移籍すると、日本人選手よりも小柄な海外の選手たちにレギュラー争いで負けてしまうことが多いです。

 

日本人がフィジカル面で勝てているのに、これは一体どういうことなのでしょう?

 

それはやはり、先ほどお伝えした「見えない課題や問題部分」を海外トップレベルの選手たちは、幼い頃からしっかりと指導を受けて解決してきた成果なのではないでしょうか。

 

そういう私自身もジュニアからユースまで、あらゆる場面で判断部分を誤魔化してプレーしてきました。

 

自分の視界に入っている全てが見えているようで実は見えていませんでした...

 

 

でもそれを周囲や指導者から言われると悔しくて、つい誤魔化してしまいます。

 

 

「別にその試合に勝てれば何も文句はないだろう...」

「点を取って勝てさえすれば...」

 

 

そうやって、見たものを瞬時に判断できていなかった部分をフィジカルや結果を重視した思考に置き換えて、周囲を誤魔化しながらこれまでプレーをしてきました。

 

こうして自分の過去を振り返って考えみると、今の育成年代に自分で考えて判断するという「判断力」は絶対必要なことだと感じますし、私だけでなく多くの日本人に共通している分部なのではないでしょうか。

 

だからこそなのですが、そうした日本サッカーの育成における課題部分を改善していく為に、私は自分自身の脳で判断する能力を向上させることが期待できるライフキネティックに興味を持ち、このエクササイズを育成年代に提供していく側の人間(トレーナー)になることを決意しました。

 

サッカーの判断力とライフキネティック


人差し指で脳のイラストをタッチしている画像

私が当時まだ高校生だった頃、Aチームに昇格する為の紅白戦を毎週のように行っていましたが、そんな中、Aチームから落ちてきた選手が私と同じチームで中盤のトップをしていたことがあります。

 

その選手は明らかにFWの私が見えておらず、私がベストのタイミングでパスを要求したところ全くパスが出てきませんでした。

その為、私も1軍に昇格したいという目標もあったので、ついイライラして「今のタイミングでパスを出せよ!」と言ってしまいました。

しかし、そのAチームから降格になった選手は、その際に「もっとパスを動けるタイミングでポジションを取れよ!」と言い返してきました。

 

しかも後輩です...

 

でも私はその当時、1軍に何度か上がってFWとしてレギュラー争いに加わっていたこともあり、自分の動き方にも絶対の自信があったので、ポジショニングもボールを受けるタイミングもベストだったはずです。

 

もう少し詳しく説明すると...

当時の自分は、たとえ相手DFがマークについていても、それを難なく対処できる技能が備わっていたので、「タイミング良くパスさえ出してくれれば、ミスをせずにプレーすることができた」というのがありました。

 

しかし、この時の後輩は、自分が周囲の状況を見ることができなかったことを私に指摘されて、逆に私の方に否があるという態度をとってきました。

 

たぶん、このような光景はジュニア年代のサッカーでもかなり多いはずです。特にチームの中心となる選手は、全ての原因を周囲や他者のせいにします。

 

ここをチームの指導者が、どのようにして「個人」と「集団」を繋げて指導していけるかが重要です。

 

酷い指導者になると、中心選手を全く指摘せずに、そのまま何も無かったかのように対応もせず見過ごしてしまいます。

 

当然、足の速い選手やフィジカル面で優れている選手は、「判断力」の部分が他よりも多少劣っていても難なく解決できてしまいます。

私の憶測では、こうした指導者の多くは「その時さえ良ければ別に問題ない」とういのが常に念頭にある為、そこを問題視せずにその選手を優遇してしまいます。

 

だからこそ、そうした選手に欠けている課題や問題部分が見過ごされてしまうのでしょうし、内容重視ではなく、フィジカル重視や結果重視のサッカー(育成)になってしまうのかもしれません。

 

それを解決できるのが、私はライフキネティックだと考えています。

 

育成年代のアカデミーについて


背後にサッカー選手がいて、サッカーボールをズームアップしている画像

ジュニア年代でトレセンだった選手が、ジュニアユースやユースに上がってから影を潜めてしまうのは、こうした幼い時期の見落としがあったことが大きな原因だと思います。

 

以前、私はJFAアカデミーとJクラブ下部組織の試合を観戦したことがあります。

 

その際にアカデミーのコーチがしきりに「今はそれで通用しても将来それじゃ絶対に通用しないぞ!」と選手たちに厳しく伝えている姿を見たことがあります。

 

つまり、このアカデミーのコーチは、今あるフィジカル面や技術だけでなく、目に見えにくい「判断力」の部分を強調して選手たちに伝えていたのだと思います。

 

「判断力」といっても、実は、その種類は様々あります。

 

たとえ次のプレーの判断(予測やイメージ)ができていたとしても、その今いるポジショニングが判断良く的確な位置にいることができなければ意味がありません。

 

つまり、常に走りながらプレーしつつ、周囲の状況を考えて、的確に判断する能力が現代サッカーでは求められます。

 

ちなみに、「走りながらプレーする」といっても、ただ単に短距離を速く走るのではなくて、ここでは「素早く周囲の状況を把握して、それに適したポジションを見極め、そして素早く適切なポジションを確保する能力」を指しています。

 

これは非常に身体的にもメンタル的にも疲れます。

 

でもそれらの課題や問題を幼い育成年代からクリアしているのが、世界トップレベルの選手たちなのです。

 

先日、私が見つけたメッシのプレー動画を見ていると、あの異次元の素早いコーディネートの中で、相手をドリブルでかわしつつ、最善のプレーやパスコースやシュートコースを見つけて的確に判断しているのが感じられます。

 

もしメッシがバルセロナの育成で指導を受けていなかったら、現在のメッシは誕生していなかったかもしれません。それだけ、現代サッカーでは「素早く周囲の状況を判断する」という能力が必須なのです。

 

今後、どのようにしたらメッシのような世界トップレベルの選手を日本国内で育てられるのかを、ライフキネティックの理論を用いて、「より多くの育成年代に大切なことを伝えていけるように」と考えています。

 


 

さて、どうだったでしょうか?

 

今回は、日本サッカーの育成年代における重要な課題について私の意見も踏まえてお伝えさせていただきました。

 

今後、ライフキネティックが日本サッカーの育成において、どれくらい重要な役割を果たすことになっていくのか...

 

自身が行うサッカースクールの活動報告も加えつつ、今後もブログを通して皆さんにお伝えしていければと思います♪

 


この記事が「いいね!」と感じたら下記のボタンをクリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング